クリムゾン.com

凄まじい程のムズムズ感

>> 「有名女子大生果歩(凌辱編)」はじめから読む

 

グチャグチャグチャ・・・!!

 

果歩 「アッアッ・・・アンッ!ンッ・・・ァアア・・・!」

 

膣、クリトリス、乳首を経験豊富な男2人に責められる果歩。

 

さっきまで果歩の身体を疼かせていたムラムラ感、ムズムズ感は2度の絶頂で開放されたはずなのに、再び富田と山井に刺激された身体には、解放されたはずのその感覚がまたすぐに溢れんばかりに溜まり始めていた。

 

 

ハァァ・・・どうして・・・ァ・・・

 

 

2度の絶頂を与えられたにも関わらず、自分の身体はまだ快感を求めている。

 

潮まで吹かされ、深い絶頂に達したすぐ後は、なにか満足感のようなものを感じていたはずなのに。

 

言うことを聞いてくれない身体。

 

快感に支配されていく身体。

 

そしてその快感は果歩の頭の中まで侵食していく。

 

気付いた時には果歩は喘ぎ声をあげ、男達から与えられる快楽にドップリ浸っていた。

 

そして、目の前に近づいてきている絶頂の波に早く呑まれたいという欲求が、果歩の身体と頭の中を支配していた。

 

 

グチャグチャグチャ・・・!!!

 

 

富田と山井もラストスパートをかける様に手の動きを激しくしていく。

 

果歩自身も羞恥心を忘れ、性的興奮を最高潮まであげていく。

 

 

富田 「気持ちいいか?果歩ちゃん。」

 

 

果歩 「ァ・・富田さん・・・ハァ・・・アッアッ・・・もう・・・イッ・・・また・・・アッ!」

 

 

グチャグチャグチャ・・・!!!

 

 

グチャ・・・・・・・・・。

 

 

しかし次の瞬間、部屋中に響き続けていたイヤらしい粘着質な音が急に鳴り止む。

 

果歩の身体が快感絶頂を迎ようとした瞬間、富田と山井はピタっと手の動きを止めたのだ。

 

 

果歩 「ハァ・・・ハァ・・・。」

 

 

ぇ・・・・どうして・・・・

 

 

絶頂に達する事を、期待していた果歩身体。

 

いや、もはや果歩が心の底からから期待していた性的絶頂。

 

 

あぁ・・・ハァ・・・

 

ゴソ・・・ゴソ・・・

 

 

急に刺激を止められた果歩の身体は、凄まじい程のムズムズ感に襲われていた。

 

そのあまりにもどかしい感覚に、無意識に腰を動かしてしまう果歩。

 

先の2度の絶頂の時には、勢い良く果歩をその頂まで連れて行ってくれた富田。

 

なのに・・・

愛する彼氏が

 

真っ白になりかけた果歩の頭の中は、大きな疑問と富田に対する欲求でいっぱいになり、軽いパニック状態と言ってもよかった。

 

本能的に、どうして?と言う目で富田を見つめる果歩。

 

その目はウルウルと潤い、今にも泣き出しそうでさえあった。

 

 

富田 「ハハ、そんな目で見つめないでくれよ果歩ちゃん。」

 

山井 「へへ・・・果歩ちゃん腰動いちゃってますよ富田さん。」

 

果歩 「ぁ・・・ハァ・・・ハァ・・・」

 

富田 「そんな心配そうな顔しなくたって、果歩ちゃんのイキたい所には連れていってあげるぜ?・・・今度はこれでな・・・。」

 

そう言うと富田は、固く逞しく勃起した自身の男根をグッと握り締め、果歩に見せ付けるように見せた。

 

見た者に大きなインパクトを与えるグロテスクな性器。

 

先端からは大量の我慢汁が出ている。

 

果歩の潤んだ瞳に、強烈なフェロモンを放つ富田の男根が映る。

 

その瞬間、果歩の身体の中で増え続けていたムズムズ感が、その増殖のスピードを一気にあげ始めた。

 

果歩の蜜壷はギュウッと締り、その口からは、だらしなく大量の涎(よだれ)が吐き出だされた。

 

 

富田 「これが欲しくて堪らないだろ?果歩ちゃん。」

 

そう言って自分の肉棒を二三度扱いた富田は、その若竹の様に反り返り硬くなったモノを果歩の秘部に近づけていった。

 

 

・・・ピト・・・

 

 

赤銅色をした太く長い富田の肉棒、その先端、巨大な亀頭部分が果歩の秘裂に触れる。

 

 

果歩 「えっ?・・・い・・いやっ!」

 

 

股間に富田の肉棒が触れた瞬間、果歩は突然拒否反応を示した。

 

山井 「え〜どうしたんだよ?果歩ちゃん。富田さんのチ○ボ欲しくないの?」

 

 

果歩 「だ・・・ダメですっ!あの・・・。」

 

 

富田 「果歩ちゃんどうしたんだ?怖くないぜ?」

 

ここまできて果歩が拒否反応を示した事は、富田にとっては意外な事だった。

 

果歩の身体が快感を欲しがっているのは明白であるにも関わらず、この反応。

 

 

果歩 「ハァ・・・あの・・・これ以上は・・・」

 

 

ギリギリの状況で果歩にそうさせたのは、果歩の心の奥深くにいた、愛する彼氏、友哉の存在だった。

性器が蠢く

欲望に支配されそうな頭の中で思い出す友哉の顔。

 

友哉の優しい笑顔が白い光の中に浮かぶ。

 

 

・・・友哉・・・・

 

 

突然果歩の中で湧き上がってきた、友哉に対する罪悪感。

 

彼氏以外の男性達の前で裸を晒してしまっている自分。

 

そしてその男達に快楽を与えられ喜んでしまっている自分の身体。

 

そのすべてが、普段の果歩では考えられない程異常な行為だった。

 

 

私・・・なにやってるのよ・・・

 

 

友哉の顔を思い出した事で、失いかけていた理性を果歩は取り戻し始めていた。

 

 

 

山井 「果歩ちゃんどうしたんだよ?ほら、入れやすくしてやるよっ。」

 

グッ!

 

山井はそう言って再び後ろから果歩の膝裏に腕を通し、果歩の脚を後ろに引き寄せた。

 

果歩 「キャッ・・・イヤ・・・・。」

 

再びマングリ返しと呼ばれる格好にさせられた果歩。

 

ベットリと肛門まで濡らしてしまっている果歩の股間が明るい光の下で3人に晒される。

 

果歩 「ァァ・・・やめて・・・ください・・・。」

 

果歩は恥ずかしそうに顔を横に伏せながら哀願する。

 

富田 「わかったよ果歩ちゃん。じゃあ果歩ちゃんが入れて欲しくなるまでこうして待ってるよ。」

 

そう言って富田は、再びグッチョリと濡れた果歩の秘裂に自身肉棒の先端を密着させた。

 

そしてソレを富田は秘裂をなぞる様に上下に擦りつけ始めた。

 

果歩 「ァア・・・ハァ・・・ダメ・・・・富田さん・・・。」

 

続いて今度は亀頭で果歩の勃起したクリトリスを小刻みに叩き始める富田。

 

ペチペチペチペチ・・・・!

 

果歩 「ァ・・・アッアッアッ・・・・」

 

先程の激しい愛撫で、絶頂寸前まで性感を高められている果歩の身体。

 

富田のペニスから与えられる刺激に自分の意思とは別に、敏感に反応を示してしまう。

 

そして頭の中を欲望と快感が再び侵食を始める。

 

まるで何かを欲しがるように果歩の濡れた性器がワナワナと蠢く(うごめく)。

 

富田 「ハハ、果歩ちゃんのオマ○コは欲しい欲しいって言ってるみたいだぜ?」

心の傷が癒えてなくて

富田の言うとおり、果歩の身体は淫らなオーラを放つ富田の男根を欲していた。

 

果歩の頭の中では淫らな気持ちと僅かに残っていた理性が攻防を繰り広げていた。

 

ペチペチペチペチ・・・・!

 

果歩 「ァアア・・・やめ・・・ハッアッアッ・・・・」

 

そんな果歩を追い詰めるようにクリトリスへの刺激を続ける富田。

 

 

ダメェ・・・頭おかしくなっちゃうぅ・・・・

 

 

まさに果歩の頭はパンク状態に陥りそうだった。

 

そんな時、そばでその状況を見ていた秋絵の口が開いた。

 

秋絵 「大丈夫よ、果歩ちゃん。友哉君との事、嫌な事も、忘れちゃうくらい富田さんは果歩ちゃんを気持ちよくしてくれるわ。」

 

果歩 「嫌な・・・こと・・・・。」

 

さっきまで果歩の頭の中に浮かんでいたのは友哉との美しい思い出。

 

しかし、秋絵の言葉で果歩の脳裏に浮かんできたのは、それとは反対のトラウマの様に苦しい思い出だった。

 

 

嫌な事・・・

 

 

『あ〜ごめんねぇ、今友哉ちょっとシャワー浴びにいってるからさぁ、電話コール長かったからでちゃ・・・』

 

 

果歩の耳に残っている電話越しの女性の声。

 

涙が枯れるほど泣いたあの日を思い出す。

 

今までの果歩の人生で一番泣いた日。

 

しかしそれだけ涙を流しても、果歩の心の傷は癒えてはいなかった。

 

 

ヤダよ・・・友哉ぁ・・・どうして?

 

つらいよ・・・苦しいよぉ・・・

 

 

そんな思い出が湧き上がってきた時、果歩の目から大粒の涙が流れた。

同意

 

 

そんな果歩の様子を見て、富田は果歩の顔に顔を近づけた。

 

そして果歩の耳元で

 

富田 「果歩ちゃん、今夜は頭真っ白になるくらい気持ちよくさせて浮気した彼氏の事なんか忘れさせてやるからよ。」

 

果歩 「・・・忘れる・・・・。」

 

山井 「彼氏だって他の女とヤッたんだから、果歩ちゃんも今日くらい気持ちよくなっても罰はあたらないよなぁ秋絵ちゃん?」

 

秋絵 「フフ・・・そうですね。」

 

 

忘れ・・・たい・・・もうこんな苦しい思いは・・・忘れたいよ・・・

 

 

ペチペチペチぺチ・・・!!

 

果歩 「アッアッアッアッ・・・!」

 

クリトリスへの刺激を激して、果歩を欲望の闇へ引きずりこもうとする富田。

 

 

ハァアア・・・もう・・・ダメ・・・我慢できないよぉ・・・

 

いい・・・よね・・・私・・・今日ぐらい・・・今日だけ・・・

 

もう・・・ダメなの・・・忘れたいの・・・

 

果歩の理性を保とうとする感情が限界を超えようとしていた。

 

 

秋絵 「果歩ちゃん、いいのよ、自分の気持ちに正直になって。」

 

果歩 「ハァ・・・秋絵先輩・・・私・・・。」

 

涙に濡れた瞳で秋絵を見つめる果歩。

 

秋絵 「大丈夫・・・。富田さんのオチ○チン、果歩ちゃんのオマ○コに入れてもらおう?ね?」

 

 

そして秋絵のその言葉を聞いた果歩はついに、ゆっくりと小さく頷いたのであった。

 

 

退魔士ミコトへ >>