【 クリムゾン 】 まとめて無料試し読み

指や玩具では感じることができなかった、たまらない感覚

果歩の表情を眺めながら、富田は腰を前に進める。

 

濡れた秘裂にあてがわれていた肉棒は、やはり果歩のその小さな穴とは不釣合いと思えるほどの大きさだ。

 

こんなモノが本当に入るのか?

 

もし第三者がここに居たとしたらそう思うに違いない。

 

 

クチュゥ・・・

 

 

富田の肉棒、その亀頭部分に押しつぶされる、果歩の柔肉。

 

果歩 「ハァ・・・・」

 

挿入を果たすべく富田はさらに腰を進める。

 

 

グチュゥゥ・・・・

 

 

次の瞬間、果歩のピンク色の小さな穴は驚く程大きな広がりを見せる。

 

富田 「あ〜入るぞ・・・。」

 

富田がそう呟くとニュルっと肉棒の亀頭が果歩の穴へと呑み込まれていった。

 

果歩 「ァ・・・ハァァァ・・・」

 

アソコが拡げられる感覚に果歩は深い吐息のような声をあげる。

 

違う。

 

全然違う。

 

この感覚。

 

この太さ。

 

富田の圧倒的太さを誇る肉棒に膣を拡げられる感覚。

 

指や玩具では感じることができなかったこの感覚。

 

果歩はこれを一週間、ずっと待ち望んでいたのだ。

 

 

富田 「へへ・・・気持ち良さそうな顔しやがって。おら、もっと奥まで入れるぞ。」

 

果歩 「・・・ハァ・・・ァァァ・・・」

 

 

そう言ってさらに腰を押し進める富田。

 

亀頭部分しか入っていない肉棒。

 

固く、そして長い茎部分がまだ残っている。

 

 

グチュウゥゥゥ・・・・・

 

 

果歩 「ァ・・・ァ・・・スゴイ・・・ァア・・・」

 

奥へ奥へと入ってくる肉棒。

 

中の方も広げられていく感覚。

 

それだけで、その快感だけで果歩は背中を反らして敏感な反応を示す。

 

肉棒が呑み込まれていくと同時に蜜壷から溢れる濃厚な愛液。

 

それが果歩のお尻の穴の方へタラ〜と流れていく。

男の肉に拡げられた膣の感覚

 

 

富田 「あ〜まだ入るぞ。」

 

果歩 「ァァ・・・ハァ・・・奥まできちゃう・・・ン・・・ァァ・・」

 

 

グチュゥゥ・・・・

 

 

果歩 「ハァァ・・・ハァ・・・」

 

 

そして、ついに密着してしまった2人の腰。

 

陰毛と陰毛が触れ合う感触。

 

勃起したクリトリスに富田のゴワゴワとした陰毛が触れてるのがわかった。

 

 

果歩 「ハァ・・・大きい・・・」

 

 

奥までいっぱいに拡げられた膣。

 

男の肉に広げられるこの感覚。

 

富田の肉棒でないとこの感じは味わえないように果歩には思えた。

 

ただ大きいだけじゃない。

 

エラの張った大きな亀頭。

 

カチコチに固い茎部分は、根元に向かうほど太くなっている。

 

その形は女性に快楽を与えるという意味では完璧過ぎる程の男根だった。

 

富田のSEXへの自信はこの男根なしではありえないのかもしれない。

 

今まで多くの女性がこの男根に貫かれ、絶頂に導かれたのだ。

 

多くの男とヤッてきたヤリマン女も、純粋無垢な若い女も、一見清楚に見える人妻も、どの女もこの男根を挿入されれば、理性を失い、淫らに乱れた姿を富田の前に晒した。

 

そして果歩も・・・。

 

 

果歩は一度経験しているとはいえ、この肉棒を動かされ、膣壁を擦られた時の快感を想像すると少し怖かった。

 

壊れてしまうかもしれない・・・。

 

しかし、いざ始まってしまえばそんな感情はきっとすぐに打ち砕かれるであろう。

 

 

自身の男根を果歩の身体に根元まで挿入して満足そうな表情を浮かべている富田。

 

 

富田 「ハァ・・・根元まで・・・入っちまったぞ・・・果歩・・チ○ボ入れられて嬉しいか?」

 

 

果歩 「ン・・・ハァ・・・富田さん・・・。」

 

 

富田の問いにただ富田の名前を口にするだけの果歩。

 

嬉しいとは口にできなかった。

 

素直に嬉しいと言ってしまえば、果歩はなんとなく自分で自分がふしだらな女だと言ってるのと同じような気がしたのだ。

 

 

富田 「なぁ、また彼氏でもない男のチ○ボ入れられて悦んでるんだろ?果歩は。」

 

 

・・・彼氏でもない男の・・・

 

 

確かにその通りではあったが、そのフレーズは果歩の胸を締め付ける。

 

それは今富田としている行為が、果歩の心のどこかで『いけない事』と自覚しているからであった。

言葉攻めに、泣く

 

 

果歩 「・・・・・・。」

 

 

富田 「嬉しいんだろ?果歩はマ○コに誰のチ○ボでも入れちゃうような女だもんな?」

 

 

富田の言葉は果歩の無防備な心にグサグサと刺さる。

 

 

果歩 「・・・ハァ・・・そんな・・・違います・・・。」

 

思わず富田の言葉に反論、否定をする果歩。

 

 

 

・・・違うよ・・・

 

・・・私・・・そんなんじゃ・・・

 

 

 

果歩の目に涙が溢れる。

 

 

富田 「ハハッ、違わねぇだろ果歩。ほら、オラッ!お前のマ○コは俺のチ○ボ咥えてるだろ?オラッ分かるだろ?入ってるだろ俺のチ○ボがよ!」

 

富田はそう果歩を言葉で甚振り(いたぶり)ながら挿入している肉棒を荒々しく動かしてみせた。

 

 

ヌチャグチャヌチャグチャ・・・!

 

 

果歩 「アッアッアッ・・・富田さん・・・イヤ・・・アッアンッ・・・」

 

富田の腰使いに思わず敏感に反応し喘ぎ声を漏らしてしまう果歩。

 

 

急に果歩に対して攻撃的とも思える態度に変化した富田に果歩は戸惑い、頭の中は混乱した。

 

 

富田 「オラッ嬉しいんだろ?エロい声だしやがって。」

 

果歩 「アッアッ・・・ハァ・・・富田さん・・・ヤダよ・・・アッアッ・・」

 

 

果歩の目に溜まっていた沢山の涙が、頬を伝って流れる。

 

 

これは悲しみの涙。

 

 

悲しかった・・・。

 

それは富田に言われるてる事が紛れもない事実だったから・・・。

 

 

一旦腰の動きを止める富田。

 

 

果歩 「ハァ・・・ハァ・・・ぅ・・・ヒック・・・」

 

 

両手で顔を隠しながらすすり泣く果歩。

 

 

富田はそんな果歩の両手首掴んで、顔から離す。

 

果歩 「ん・・・イヤ・・・」

 

顔を近づけ、目を真っ赤にして泣く果歩の表情を見つめる富田。

 

 

富田 「果歩・・・お前みたいな女をなんて言うか知ってるか?」

 

果歩 「・・・ぅ・・・ヒック・・・」

 

 

富田 「お前みたいなだらしない女を淫乱女って言うんだよ・・・。」

潤滑汁が白く泡立つ

・・・淫乱女・・・

 

富田の言い放った言葉に、果歩の女心は傷ついた。

 

女性にとってこれ程屈辱的な呼ばれ方はないのではないか。

 

 

果歩 「・・・ぅ・・・・ヒドイ・・・富田さん・・・」

 

涙ながらの果歩の言葉に富田は冷静な様子で答える。

 

富田 「ヒドイも何も俺は事実を言ってるだけだぜ?」

 

 

果歩 「・・・・・私・・・そんなんじゃ・・・」

 

 

富田 「そんなんじゃないってか?・・・ハハッ彼氏でもない男のチ○ボをマ○コに入れながら何言ってるだよ。」

 

 

果歩 「・・・それは・・・アンッ・・・」

 

 

果歩の答えを待たずして、富田の腰が再びゆっくりと動き出す。

 

 

富田 「お前は淫乱なんだよ果歩。今日はその事をお前が自覚するまで攻め続けてやるからな。」

 

 

ヌチャ・・・ヌチャ・・・ヌチャ・・・

 

 

果歩 「ぁあッ・・・イヤ・・・アッ・・・ハァ・・・そんな・・・アッ・・・ァ・・・」

 

 

今度は先程のような小さく細かい動きではない。

 

富田の腰は果歩のアソコの感覚を確かめているかの様にゆっくり大きく前後に動いている。

 

 

ヌチャ・・・ヌチャ・・・

 

 

長いストロークで出し入れされる富田の肉棒。

 

エラの張ったカリ部分が果歩の膣壁を擦りながら、肉棒が抜ける寸前まで引かれる。

 

 

果歩 「ハァァァ・・・」

 

 

そして再度肉棒を奥まで挿入され、その太いモノに膣が押し広げられる快感に襲われる。

 

 

果歩 「アッ・・・ハァァァ・・・」

 

 

ヌッチャ・・・ヌッチャ・・・ヌッチャ・・・

 

 

徐々に富田の腰の動きのテンポが早くなっていく。

 

引かれる時の膣を擦られる快感と、押し込まれた時の膣を拡げられる快感。

 

その両方の快感に次々と襲われ、果歩の頭は徐々に思考能力を失っていく。

 

 

果歩 「アッアッ・・・こんな・・・ハァ・・・アンッアンッ・・・」

 

 

グッチャ・・・グッチャ・・・グッチャ・・

 

 

肉棒が出し入れされる度に濃厚な愛液の粘着質な音が響く。

 

富田の巨根に対応すべく果歩の蜜壷は大量の潤滑汁を分泌しているのだ。

 

その果歩の潤滑汁が繰り返されるピストン運動によって白く泡立ち、富田の肉棒と2人の陰毛に絡み付く。

 

それは紛れも泣く果歩が富田とのSEXに感じている証拠であった。

この快感さえあれば、どうなってもいい・・・

>> 「有名女子大生果歩(凌辱編)」はじめから読む

 

グッチャ・・・グッチャ・・・グッチャ・・

 

 

果歩 「アッアンッ・・ハァ・・ぅ・・・アッアッ・・・ヒック・・・」

 

 

無意識に漏れる淫らな喘ぎ声。

 

いや、喘ぎ声だけじゃない。

 

果歩のその声の中には泣き声も確かに混じっていた。

 

淫乱女と呼ばれ傷ついた女心。

 

止めどなく溢れてくる涙。

 

しかし、果歩は次第に自分がなぜ泣いているかも分からなくなってくる。

 

富田に与えられる強烈な快感に真っ白になっていく果歩の頭の中。

 

 

 

果歩 「ァ・・・ハァ・・・アッアッ・・・」

 

 

富田は腰を忙しく振りながら、同時に果歩の柔らかな乳房を大きな手で揉み始めた。

 

富田の手によってグニュグニュと形を変える果歩の胸の膨らみ。

 

その頂にあるピンク色の乳首も責める事を忘れない富田。

 

すでに固く勃起している果歩の乳首を、指を細かく動かして刺激する。

 

 

果歩 「ァ・・・アッアッンッンッ・・・・」

 

 

悦んでる。

 

果歩の身体はこの性的快感に確かに悦びを感じていた。

 

背中から首を少し反らせ、涙に濡れる瞳を閉じながらその快感に浸る果歩。

 

一週間ぶりの富田とのSEX。

 

果歩はこのSEX、この快感をずっと待っていたのだから。

 

これを拒否する事なんてない。

 

拒否する事など果歩にはできない。

 

一度富田とSEXをしてしまった時点で、果歩の淫乱な身体は開花してしまっていたのだ。

 

 

果歩の泣き顔に顔を近づける富田。

 

 

富田 「ハァ・・・どうだ?・・・気持ちいいだろう?・・・果歩・・・堪らなく気持ちいいだろう?」

 

 

富田は腰を動かしながら息を荒くしながらそう言うと、果歩のピンク色の唇に激しくキスをし始める。

 

 

チュパ・・・ジュルルル・・・チュパ・・・ジュル・・

 

 

果歩 「ン・・・ハァ・・・ァ・・・ンッンッ・・」

 

 

富田 「ハァ・・・ム・・・ハァ・・・ジュルル・・・ン・・・ッンハァ!」

 

 

果歩のぷっくりとした下唇を軽く引っ張りながら、口を離した富田。

 

頬に流れる果歩の涙を、長い舌を出して舐め取りながら富田は語りかける。

 

 

富田 「ハァ・・・果歩・・・お前は正真正銘の淫乱なんだよ・・・もうこの快感なしじゃ生きてはいけない・・・もう俺なしじゃ生きていけない・・・ハァ・・・そうだろう?」

 

 

富田はそう言ってから再び果歩の唇に吸い付く。

 

今度は深く濃厚なディープキスだ。

 

果歩の口内に富田のザラっとした舌が進入してくる。

 

 

果歩 「ン・・・フゥ・・・ン・・・ハァ・・・ン・・・」

 

 

 

快感に痺れ、真っ白になっていく頭の中で、富田の言葉がグルグル回る。

 

 

 

 

・・・ハァ・・・もうダメ・・・気持ちいい・・・

 

・・・もういい・・・

 

・・・もうどうだっていいの・・・

 

・・・この快感さえあれば・・・何も・・・

 

 

・・・もうどうなったっていい・・・

 

 

 

 

新たな涙がツーっと頬へ流れる。

 

 

果歩 「・・・ン・・・ハァ・・・ン・・・」

 

 

富田は果歩の口内へ入れた舌に、ネットリと柔らかな舌が絡まってくるのを感じとった。

 

クリムゾンオマージュ13へ>>