【 クリムゾン 】 まとめて無料試し読み

発情した大人の女の表情ほど、美しいものはない

果歩 「ン・・・ァ・・・チュパ・・・ハァ・・・ン・・・」

 

ネットリと絡まり合う2人の舌。

 

自ら舌を動かし始めた果歩の反応。

 

吹っ切れたのか・・・?

 

 

チュパ・・・ジュルル・・・ハァ・・・チュパ・・・

 

 

富田は結合している腰を振りながら、接吻をさらに深く激しいものにしていく。

 

 

ヌッチャヌッチャヌッチャ・・・

 

・・・ン・・・ァ・・・ハァ・・・ンッ・・・ン・・・

 

 

次第に荒くなっていく2人の呼吸。

 

肉棒を出し入れされる快感と、深く激しいディープキス。

 

喘ぎ声を漏らしながら鼻でするだけの呼吸は酸素不足で苦しい。

 

しかし今の果歩にとってはその息苦しささえも、快感へと変わっていたのだった。

 

 

果歩 「ンッンッンッ・・・ハァ・・ぅ・・・ンッ・・ハァ・・・」

 

 

ジュルルル・・・チュパ・・・クチャ・・・ジュル・・・

 

 

富田は果歩の甘い唾液を味わいながら確信した。

 

果歩は今、もうすでに快楽の覚醒状態に陥っていると。

 

こうなればもう、何も考える事などできない。

 

快感・・・快感・・・快感・・・

 

ただそれだけを求めて、欲望のままにSEXに没頭するだけだ。

 

先週と同じように理性などなくなってしまうだろう。

 

しかし、今回はそれだけじゃ終らせない。

 

果歩を完全に堕とす。

 

快楽のためならなんでもしてしまう、果歩をそんなSEX奴隷にまで堕とすのだ。

 

 

ン・・・ジュルル・・・ジュパッ・・・

 

 

別れを惜しむように離れる2人の濡れた唇。

 

果歩 「ン・・・ハァ・・・ハァ・・・・」

 

キスから解放され荒く呼吸する果歩。

 

頬を火照らせ、上気した表情はなんとも色っぽく感じた。

 

それは大人の女の表情と言ってもよかった。

 

こんな風に発情した女ほど美しいものはない。

 

女は理性も何もかもを捨てて自分の解放した姿を男に晒した時、本当の意味で美しくなる。

 

これだ。

 

この表情だ。

 

これを見るために富田はSEXの腕を磨いてきたのだ。

最高の絶頂

 

富田は身体を起こすと、両手で果歩のウエストを持つ。

 

腰の動きを止め、少し間をあける富田。

 

 

果歩 「ハァ・・・ハァ・・・・」

 

富田 「何も我慢しなくていいからな果歩・・・いや・・・何も我慢できない程乱れさせてやるよ・・・。」

 

果歩 「ハァ・・・富田さん・・・。」

 

涙目で富田を見つめ、自分のウエストを掴んでいる富田の腕に手を添える果歩。

 

どうやら覚悟はできているようだ。

 

 

富田 「スー・・・ハァ・・・」

 

 

そしてひとつ深呼吸をした後、富田は猛然と腰を降り始めた。

 

 

果歩 「ハァァア・・・・あっ!・・・アッアッアッアッ・・・アンッンッアッ・・!!」

 

 

ヌッチャヌッチャヌッチャ・・・・グチャグチャグチャグチャ!!!

 

 

固く勃起し、反り返った肉棒が果歩の秘壺の中の特に感じる部分、Gスポットを激しく刺激する。

 

 

果歩 「ァァァアアッ!!!ハァンッ!!・・・アッアッ!スゴイ・・・ハァァアッアッ・・!!」

 

 

ミシミシと軋むベッド。

 

顔を真っ赤にして喘ぐ果歩。

 

富田の激しい腰使い、その振動で果歩の柔らかな乳房がプルプルと揺れている。

 

 

極太の肉棒に膣壁を擦りあげられた時の、熱く溶けてしまいそうな快感。

 

大きな亀頭にGスポットを突かれた時の、身体を突き抜ける電流のような快感。

 

その両方の快感が連続で果歩の身体に襲い掛かる。

 

 

果歩 「アッアッアッ!!ダメッ・・・ハァァアアッ!!富田さんっ・・・ンー・・・ァァアアッ!!!」

 

富田 「ハァハァ・・・果歩・・・ハァ・・・気持ちいいだろう?俺とのSEXは最高に気持ちいいだろう?」

 

果歩 「ハァ・・・アッアッ・・・もうダメェ・・・気持ちいいよぉ・・・ハァアアッ・・・アッアッ!」

 

富田 「ハァ・・・ハハッ・・・この淫乱女がっ!お前は激しいのが好きみたいだな?おらっ!もっとしてやるよ!」

 

 

そう言って一段と腰の動きを激しいものにする富田。

 

グチャグチャグチャグチャ・・・!!!!

 

果歩 「アッ・・ンアァァァ!!ハァ・・・アッアッ激しい・・・ンッアッ!!ダメェ・・・気持ちよすぎちゃうぅ・・・アッアッ・・・!!」

 

ギシギシギシッ!!!

 

 

全身に汗をじっとりと掻きながら、整った顔を歪めながら必死に喘ぎ乱れる果歩。

 

狂ってしまいそう・・・。

 

しかし富田は容赦なく腰を激しく振り続ける。

 

 

そして・・・

 

 

果歩 「アッアッアッ・・・ダメ・・・富田さんっ・・・イク・・・イッちゃいそう・・アッアッ・・・ハァァアアッ!」

 

富田 「ハァハァ・・・おらイケッ・・・お前は淫乱なんだからよ・・・イキまくればいいんだよっ!」

 

ヌチャヌチャヌチャヌチャ・・・!!!!

 

果歩 「ハァァアッ!!・・イクイクッ・・・イッちゃうっ・・・ン・・・ハァァァアッ!・・・イク〜ッ!!!」

 

そう叫んだ瞬間、果歩の身体は大きく仰け反った。

 

一週間ぶりに富田のSEXで果歩が達した絶頂は、今までで一番深く、そして大きなものであった。

どこまでも堕ちていきたい

目の前がチカチカする。

 

頭の中が白い光に包まれ何も考えれないが、心地良い快感だけははっきり感じる。

 

大きな絶頂の波、その後の余波に身体は自分の意思とは別にビックンビックンと反応していた。

 

果歩 「ハァ・・・ン・・・ハァ・・・ハァ・・・」

 

白い肌をピンク色に染め、絶頂の快感に浸る果歩。

 

額に汗をかき、目を瞑り胸を上下させながら荒く呼吸をする果歩の様子は、迎えた快感絶頂がいかに深いものだったかを表していた。

 

 

富田 「ハァ・・・ハァ・・・」

 

 

汗でシットリとした果歩の頬に手をあてる富田。

 

絶頂に達する時の果歩の姿は、まさに芸術的とも言っていい程美しかった。

 

目の前の女は他の誰にも、恋人にさえも見せた事のない乱れた姿を自分に晒している。

 

その優越感が堪らないし、興奮した。

 

 

富田 「ハァ・・・ハァ・・・果歩・・・」

 

 

富田は興奮した様子で荒々しく果歩に覆いかぶさり、果歩の髪をかき上げると、貪る様に白い首筋を舐め始めた。

 

 

果歩 「ハァァ・・・富田さん・・・ァ・・・」

 

 

息を吸えば香る、濃厚で甘い果歩の女の香り。

 

絶頂に達した後、女の独特の甘い香りはより強くなり、それは男の理性を破壊する。

 

果歩の全てを味わい尽くしたい。

 

舌をいっぱいに出して、果歩がかいた新鮮な汗を舐める。

 

少し塩味の効いた果歩の味。

 

決して不快など感じない。

 

女の味と香りは、新たな快感のスパイスになり、男をさらに興奮させるのだ。

 

果歩 「ハァ・・・ァ・・・ン・・・ハァ・・・」

 

 

目を閉じ、首筋を富田に舐められる快感に浸る果歩。

 

逞しい男の身体に抱きしめられる安心感の中では、何かで自分を隠す必要などない。

 

この男の人は、自分の全てを受け入れてくれるという安心感。

 

どんなにエッチになっても、どんなに淫らになっても・・・この人は私を抱きしめてくれる。

 

 

富田 「ハァ・・・チュパ・・・ハァ・・・チュ・・・クチュ・・・」

 

 

耳元で聞こえる富田の荒い息使い。

 

肌で感じる男の人の熱い体温。

 

今も自分のアソコに挿入されている、大きく固い男の人の性器。

 

富田から香る男の匂い。

 

果歩は全身で富田を感じていた。

 

 

巧みな富田の性技に果歩の身体は、いや、果歩は惚れ込んでしまっていた。

 

絶頂の後の余韻は、富田の愛撫によって心地良く引き伸ばされている。

 

 

・・・このままずっと富田と繋がっていたい・・・

 

・・・この快感をずっと味わっていたい・・・

 

・・・もうこのままどこまでも堕ちていきたい・・・

 

 

アソコの中で固いままの富田の男根が、まだ終わりじゃない事を教えてくれていた。

 

絶頂に達したにも関わらず、身体はもうすでに次の快感を欲しがっている。

 

愛液の分泌は止まらない。

 

少し前まで、1人の男の平凡なSEXしか知らなかった果歩の身体は、この短期間で大きく変化していた。

 

初めての快感絶頂から、羞恥心や理性を失う程の強烈な快感を与えられる富田とのSEXに、果歩の身体は確かに開発され始めているのだ。

 

敏感な身体はより敏感に、濡れやすかったアソコはより濡れやすくなっていく。

 

・・・嬉しい・・・

 

濡れた蜜壷に入れた男根を、果歩の柔らかな秘肉が一生懸命に締め付けてくる。

 

まるで何かを欲するように、ウネウネと果歩の性器は富田の肉棒を刺激する。

 

富田 「ハァ・・・果歩・・・。」

 

もう焦らすつもりなどない。

 

本能のままに快感を味わい続けるだけだ。

 

 

富田は再び腰を前後に動かし始めた。

 

 

グチャ・・・グチャ・・・グチャ・・・

 

 

富田 「もっと・・・もっとして欲しいだろ?」

 

果歩 「ハァ・・・ハイ・・アッ・・・ハァ・・・もっとして欲しいです・・・ァ・・・」

 

富田 「ハァ・・・果歩・・・セックス好きか?好きだろ?」

 

果歩 「ァァ・・・富田さん・・・ハァ・・・。」

 

富田 「言っちまえよ・・・果歩は俺とのセックスが好きで堪らないんだろ?もう止められないだろ?」

 

果歩 「ハァ・・・スキ・・・私・・・セックス好きです・・・。」

 

お互いの耳元で、この快感が、SEXが好きという共通の意識を確認するように言葉を発する2人。

 

そして徐々に腰の動きを激しくしていく富田。

 

グッチャグッチャグッチャ・・・・!

 

富田 「ハァハァ・・・これから毎日してやるよ、毎日毎日果歩のマ○コにハメてやるからな・・・」

 

果歩 「アッアッ・・・ハァ・・・毎日・・・富田さんと・・・」

 

富田 「そうだ・・・もうお前の身体は俺とのセックスを一日だって我慢できない・・・そうだろう?」

 

果歩は思い出す。

 

先週初めて富田と交わってから、あの快感が忘れられずに次の日にはもう1人でオナニーをしていた事を。

 

毎日富田と交われたらどんなに幸せかと、心のどこかでそう思っていた。

 

富田が言った言葉は果歩が無意識のうちに思っていた願いを叶えるものだったのだ。

 

 

果歩 「ハァァ・・・アッアッアッ・・・!富田さんっ・・・アッアッ・・・!」

 

富田 「ハァハァ・・・果歩して欲しいだろ?毎日して欲しいだろ?」

 

果歩 「ハァ・・・ン・・・ン・・・ハァ・・・ァ・・・アッアンッ・・・!」

 

・・・嬉しい・・・

 

果歩は必死に喘ぎ声を上げならも、富田の問いに何度も頷いていた。

女に生まれてきてよかった

>> 「有名女子大生果歩(凌辱編)」はじめから読む

 

パンッパンッパンッパンッ・・・!!!

 

果歩 「アンッアンッ・・・!アッンッ・・・ハァッアッ・・・!!」

 

部屋に響く、肉が肉に叩かれる音と、切羽詰った様子の女の喘ぎ声が響く。

 

ベッドの上で四つん這いなっている果歩は、後ろから富田に腰を掴まれ荒々しく肉棒を出し入れされている。

 

果歩の柔らかで真っ白な尻たぶは、富田の腰に叩かれるたびにプルンプルンと揺れ、尻たぶの叩かれた箇所だけピンク色に染まっていた。

 

富田の激しい腰使いによる震動と、ガチガチに勃起した肉棒で激しく膣内を擦りあげられる快感に、果歩はベッドのシーツを両手で握りしめながら耐えている。

 

パンッパンッパンッパンッ・・・!!!

 

果歩 「ァハァ・・・アッアッ・・・ハァァ・・・キモチ・・・イイ・・・ハァアッアッ・・!!」

 

・・・気持ちいい・・・

 

果歩は何度もその言葉を口にするようになっていた。

 

彼氏でもない男にお尻を突き出し、性器どころかお尻の穴まで惜しげもなく見せながら果歩は淫らに乱れる。

 

SEXの刺激だけじゃない、自分の喘ぎ声や富田のハァハァという荒い息使いも、パンパンと勢いよくお尻を叩かれる音やグチャグチャと肉棒がアソコを出入りする音も、耳に入ってくるすべての卑猥な音が果歩の羞恥心を刺激し、快感へと変わっていく。

 

 

やはり富田とのSEXは最高に気持ち良かった。

 

この快感は何事にも変えがたい。

 

女に生まれてきてよかったと、果歩は心底そう思った。

 

今まで知らなかった女としての悦びを富田は教えてくれた。

 

 

『俺なしじゃ生きていけない身体にしてやるよ』

 

 

富田が言っていた言葉の意味を身体をもって果歩は理解した。

 

 

・・・もう富田さんなしじゃ生きていけない・・・
・・・この快感なしじゃもう、私は満たされた人生を送れない・・・と。

 

 

自分の身体が、全身がそう言っている。

 

クリムゾンオマージュ14へ>>