【 クリムゾン 】 まとめて無料試し読み

限界

<< 「有名女子大生果歩(凌辱編)」はじめから読む

 

 

果歩 「知子ちゃん、おはよう!」

 

 

知子 「・・・果歩っ!?・・・・はぁ・・・おはよう。」

 

 

大学の講義室に入ってきた果歩は真っ先に知子が座っている席の隣に座った。

 

果歩の声に知子は少々呆れた様子で果歩にあいさつを返した。

 

 

知子 「随分と長いこと実家に帰ってたのね?今日何曜日か知ってる?」

 

 

果歩 「木曜・・・あのね、お母さんがせっかく帰ってきたんだからゆっくりしてきなさいって・・・。」

 

 

知子 「へぇ〜・・・躾(しつけ)に厳しい果歩のお母さんが大学休んでまで実家にいろって?」

 

 

知子は疑り深そうな目で果歩の表情を見ながら聞く。

 

 

果歩 「え?あ〜まぁ・・・お母さんも私が大学生になって居なくなってからは実は結構寂しかったんだと思うな、うん。・・・ほら、あ〜見えてもお母さん結構寂しがり屋さんだからね。」

 

 

知子の鋭い質問に明らかに焦っている様子の果歩。

 

 

知子 「へぇ〜そうなんだ・・・果歩もすごい寂しがりやだもんね・・・。」

 

 

果歩 「・・・え?そう・・・かな・・・?」

 

 

果歩のリアクションに知子は、思わずため息を付く。

 

 

知子 「はぁ・・・もう・・・それはともかく、大学休む時はメールくらいしてよね?」

 

 

果歩 「ぁ・・・うん、ごめんね・・・。」

 

 

必死に言い訳のような見え見えの嘘を付く果歩に知子は終始呆れ顔であったが、同時に果歩の事実を隠したくなる気持ちも分からなくはなかった。

 

知子には果歩がどこかの男性といっしょにいたという確信はなかったが、果歩が何か自分に知られては都合の悪い事を隠している事だけはわかった。

 

もし男性といっしょに居たとしたならば、彼氏である友哉と共通の親友である自分にはきっと知られたくないだろう。

 

 

知子 「・・・・・。」

 

 

しかし知子の性格上、それを追及しないまま過ごすのは些か(いささか)無理があったのかもしれない。

 

噂話、恋愛話、男女のいざこざ話が大好物な知子19歳。

 

そして案の定、この日の内にその我慢は限界を向かえた・・・。

男できたの?

 

昼休み、いつもの食堂の席で果歩と知子は昼食をとっていた。

 

 

知子 「あ、そういえば果歩、私おいしいプリン見つけたんだよね、コンビニのだけど。」

 

 

知子はそう言いながら、カバンから例のプリンを2つ取り出してテーブルの上に置いた。

 

 

果歩 「え〜そうなんだぁ!わぁ美味しそうだね!あ、2つ・・・知子ちゃん私の分まで買っておいてくれたんだぁ、ありがとぉ!」

 

 

果歩は嬉しそうにしながらプリンに手を伸ばす。

 

 

知子 「ちょっと待ったぁ!!」

 

 

知子はそう声を上げると、果歩が取ろうとしたプリンを取り上げた。

 

 

果歩 「あっ!」

 

 

知子 「これが果歩の分だなんて一言も言ってない。」

 

 

果歩 「え?知子ちゃん1人で2つも食べるの?また太るよ?」

 

 

知子 「う・・・・違う違う!そうじゃなくて〜!・・・果歩・・・本当の事私に教えてくれたらプリンあげるよ?」

 

 

果歩 「・・・ぇ?・・・何?ホントの事って・・・。」

 

 

知子 「・・・昨日まで本当はどこに居たの?」

 

 

知子の踏み込んだ質問に、プリンを見て喜んでいた果歩の表情が一気に曇る。

 

 

果歩 「ぇ・・・?・・・だから私は実家でお母さんと・・・」

 

 

知子 「ウソ!嘘だね・・・果歩ってホント嘘つくの下手なんだから・・・。」

 

 

果歩 「・・・知子ちゃん・・・。」

 

 

嘘・・・そう言われて果歩は胸が締め付けられるように苦しくなった。

 

 

・・・知子ちゃん・・・やっぱ気付いてたんだ・・・

 

 

知子 「・・・ねぇ果歩、本当の事教えてよ、私達親友でしょ?」

 

 

果歩 「・・・・・・。」

 

 

下を向いて黙り込んでしまう果歩。

 

今日まで自分が誰と何をしていたのか、言い辛いのは仕方がないのかもしれない。

 

 

知子 「・・・・男の所に居たでしょ?」

 

 

果歩 「・・・え?」

 

 

果歩の顔がポーっと赤くなっていく。

 

なんと分かりやすい子なんだと、知子は思った。

 

しかしそれが果歩らしい言えば果歩らしいと言える。

 

 

知子 「・・・はぁ・・・そうなの?」

 

 

果歩 「・・・・・・・。」

 

 

果歩は顔を赤くすると同時に目を潤ませながら俯き加減で小さく頷いた。

告白

 

からっと晴れた天気。

 

ポカポカと暖かい日光と、少しヒンヤリと冷たい空気が心地良い。

 

大学の中庭に移動した2人はベンチに座り、知子が買ってきたプリンを味わっていた。

 

 

知子 「ええ!?じゃあずっとその富田さんって人の部屋にいたの?」

 

 

果歩 「う・・・うん・・・。」

 

 

知子 「・・・・・・じゃあ・・・果歩・・・その人としちゃったんだ?」

 

 

これは実際のところの知子の一番の関心事だった。

 

 

果歩 「ぇ・・・しちゃったって・・・?」

 

 

知子 「も〜鈍いなぁ果歩はぁ!分かるでしょ!?した、してないって言ったら・・・エッチよぉ!その富田さんって人とセックスしたかどうかって事よぉ!」

 

 

果歩 「ちょ・・・ちょっと知子ちゃん声大きいよぉ・・・もう・・・声大きい・・・。」

 

 

知子 「あ・・・ごめんごめん・・・で?・・・どうなの?・・・したの?」

 

 

 

果歩 「・・・・・・・うん・・・。」

 

 

 

顔を真っ赤にして恥ずかしそうに小さな声でそう告白した果歩。

 

それを聞いた知子もまた、同時に顔を赤くした。

 

 

知子 「キャー、やっぱそっかぁ・・・そっかそっか・・・。」

 

 

赤面のままニヤニヤしながら妙に納得したように何度も頷く知子。

 

 

果歩 「・・・ちょっと知子ちゃん・・・なんで嬉しそうなの?」

 

 

知子 「え?ううん、そ、そんな事ないけど・・・で?どうだった?」

 

 

果歩 「・・どう・・・って・・・?」

 

 

知子 「ほら・・・なんか・・・ほら・・・どんな感じだった?・・・気持ちよかったの?」

 

 

果歩 「・・・それは・・・えっと・・・ぁ・・・そ、そんな事まで言える訳ないじゃん!」

 

 

知子 「え〜そんなぁ・・・詰まんな〜い・・・。」

 

 

果歩 「・・・詰まんないって・・・どういう事知子ちゃん?」

 

 

知子 「あ・・・いや・・・」

 

 

 

その日は結局、知子が果歩の浮気について責めてきたり、幻滅されるといった事はなかった。

 

知子に嘘を付き続けるのは正直辛かった果歩。

 

知子の方からズバリ聞いてくれたのは、結果的に良かったのかもしれないと果歩は思った。

 

 

知子が友哉の事に触れてこなかったのは、果歩に対する知子なりの気遣いだったのかもしれない。

 

友哉の名前を出せば、果歩が罪悪感なりを感じて自己嫌悪に陥ってしまうかもしれないから。

 

果歩はマイナス思考になりやすく、考え込みやすい悪い癖があるのは、知子が一番よく知っている。

 

 

果歩 「知子ちゃん・・・私・・・最低だよね・・・?」

 

休憩時間の終わり際に、果歩がそう呟くと

 

知子 「・・・いいんじゃない?たまには。」

 

と、知子は素っ気無く答えた。

 

 

 

今日は木曜日、果歩はトミタスポーツのアルバイトの日だ。

ポーカーフェイスになれなくて

久しぶりのアルバイト。

 

富田のマンションに篭っていた間は大学と共にアルバイトもずっと休んでいたのだ。

 

 

スタッフ「おぉ果歩ちゃん、実家に帰ってたんだって?」

 

 

スタッフルームに入ると、数人の男性スタッフにそう声を掛けられる。

 

欠勤理由はここのオーナーである富田が説明しておいてくれたらしい。

 

果歩はこの1週間近く実家に帰っていたという事になっていた。

 

 

果歩 「すみません突然休んじゃって、また今日から頑張るので、よろしくお願いします。」

 

 

スタッフ 「いやぁやっぱ果歩ちゃんが居ないと職場に華がないよなぁ。筋肉男ばっかだからここは。」

 

 

突発欠勤などしてしまって、嫌な顔をされるのではないかと不安であった果歩だったが、トミタスポーツのスタッフは皆、笑顔で果歩を迎えてくれた。

 

きっともう1つのアルバイト先である雑貨屋では、こんな風にはいかないだろう。

 

女性ばかりのスタッフの中で、自分勝手に突発欠勤を繰り返していれば、嫌な目で見られるであろう事は想像できた。

 

実は果歩はこの時点で雑貨屋のアルバイトを辞める事を決めていた。

 

と言うより、先日富田と相談して辞める事に決めたのだ。

 

これからは週5日、トミタスポーツでアルバイトをする。

 

それはオーナーである富田の力でどんな融通(ゆうずう)も利くから。

 

そう、果歩はこれから毎日のように富田と会わなければいけない、いや、会いたい理由があるのだ

 

 

 

今日は久しぶりに受付の仕事。

 

相変わらず簡単な仕事だ。

 

受付の椅子に座りながら果歩は先日ベッドの上で富田に言われた言葉を思い起こす。

 

お互いに裸のまま布団に入り、果歩は富田の胸に頭を乗せて話を聞いていた。

 

 

富田 『これからは勤務時間を1時間短くしろ。』

 

果歩 『ぇ・・・でも・・・』

 

富田 『大丈夫、給料が減る事はないから。』

 

果歩 『そんな・・・それじゃなんだか他のスタッフの皆さんに悪いです。』

 

富田 『いいんだよ、俺がオーナーなんだから。それにこれからの果歩の給料は俺のポケットマネーから出すからよ。何倍もいい時給でな。』

 

果歩 『・・・でも・・・』

 

富田 『だからこれからは、俺にそれなりの奉仕をしてもらうぞ?』

 

果歩 『奉仕・・・ですか・・・?』

 

富田 『果歩が気持ちいい事も、恥ずかしい事もいっぱいしてもらうぞって事だよ。』

 

富田はそう言いながら果歩の頭を優しく撫でた。

 

果歩 『・・・富田さん・・・』

 

果歩は顔を赤くしながらも、小さく頷いていた。

 

 

 

職場で会った富田はやはりいつも通りで、果歩に対しても何ら態度の変化を見せなかった。

 

 

富田 「果歩ちゃんおはようっ。」

 

 

いつの間にか果歩は富田に名前を呼び捨てにされていたが、それは2人でいる時だけ。

 

職場では富田は以前と同じように果歩の事をちゃん付けで呼んだ。

 

 

果歩 「お、おはようございます・・・。」

 

 

しかし果歩の方は富田のようにポーカーフェイスとはいかなかった。

 

富田と顔を会わした時の恥ずかしがりようは明らかに不自然。

 

昨日の夜までずっとこの人とエッチしてたんだ・・・。

 

周りのスタッフは自分達のこの関係を知らないんだと思うと、なんだか身体に妙な興奮を覚えた。

 

 

 

受付カウンターの下で果歩はポケットに入っていたメモを取り出して広げてみる。

 

スタッフルームで他の人には気付かれないように富田にこっそり渡された物だ。

 

 

【仕事あがったら駐車場の俺の車のところで待ってな】

 

憧れの的

 

メモに書かれている文字をじっと見つめる果歩。

 

今日も・・・するのかな・・・そう思うと果歩の下腹部は熱くなった。

 

知子には自分で最低かな?などと言ったが、分かっていても止められない。

 

もう後戻りできないのだ。

 

昨日まであれだけ富田と激しく交わったというのに、果歩の身体はもう富田を求めている。

 

果歩は目を閉じて頭の中でイメージする。

 

富田の身体、体温、匂いを・・・そしてあの逞しい男のシンボルを・・・。

 

 

「・・・すみませーん・・・あのぉ・・・ちょっといいですかぁ?」

 

 

果歩 「・・・ぇ・・・?」

 

 

「あのぉ・・・ここの会員に登録したいんですけど。」

 

 

夢心地でボーっとしていた果歩、目の前にいたお客と思われる男性2人を見てハッとする。

 

 

果歩 「ぁ・・・は、はい!ごめんなさい・・・えっと・・・こちらの用紙に・・・」

 

 

はぁ・・・仕事はしっかりしなきゃ・・・

 

 

そう自分に渇を入れながら、用紙に記入している男性2人の様子を見ていた。

 

それにしても最近は新規の会員登録が多い。

 

今日だけでも10人の会員登録の希望者が来た。

 

それも男性ばかり。

 

トミタスポーツは相変わらず女性会員が少ない、いや果歩自信女性の会員をほとんど見たことない。

 

いるとすれば大学の先輩で、元々ここでアルバイトをしていたという秋絵くらいだ。

 

 

会員登録を済ませた男性2人は、さっそく今日からトレーニングに参加するという事で更衣室へ向かっていった。

 

男性2人が受付から去る時に小さな声で呟く。

 

 

「マジ可愛いな・・・噂通りじゃねぇか・・・。」

 

「ヤバイ・・・俺超タイプだわ・・・」

 

 

どうやらここ最近の会員増加は果歩の存在に原因があるらしい。

 

<<前へ     次へ>>