【 クリムゾン 】 まとめて無料試し読み

最高のカラダの女

富田 「・・・ふぅ・・・・」

 

 

山井と果歩はシャワーを浴びた後、2人で寝室へ入っていった。

 

富田はシャワーを浴び終え、バスローブを羽織ると、タバコに火を点けて煙を吹かしていた。

 

 

・・・アッアンッアン・・・ハァァ・・・アッアッ・・・

 

 

富田 「フッ・・・相変わらずいい声で鳴きやがる・・・。」

 

寝室の方から聞こえる果歩の喘ぎ声。

 

どうやらもう始まっているらしい。

 

富田は薄っすらと笑みを浮かべながら灰皿でタバコの火を消すと、2人が居る寝室へ向かった。

 

 

 

 

・・・ガチャ・・・

 

 

果歩 「アッアンッ・・ハァン・・・ァ・・・ハァ・・・アッアッ・・!!」

 

 

明かりが点いた広い部屋、その中央に置かれた大きなベッドの上で、生まれたままの男女2人が激しく揺れている。

 

小麦色に日焼けした身体の山井が、透き通るような白肌の果歩の柔尻を鷲掴みにしてバックから激しく突いていた。

 

 

パンッパンッパンッパンッ・・・!!!

 

 

富田 「ハハッ、やってるなぁおい。」

 

 

山井 「ハァハァ・・・あ、富田さん、マジ最高っス果歩ちゃんの身体。・・・ハァ・・・マ○コもグチョグチョで・・・締まるし・・・ハァ・・・。」

 

 

山井は額に汗を掻き、腰を前後に動かしながら富田に笑顔でそう言った。

 

 

果歩 「ァァ・・・アッアンッアッ・・・!」

 

 

果歩は腰を山井に突き出した状態で、上気した顔をベッドに付けて必死に快感を受け止めている。

 

 

富田 「フッ・・・そうだろう?果歩だけは何回抱いても飽きねぇんだよ。」

 

 

山井 「ハァハァ・・・マジ果歩ちゃんとハメハメできるなんて・・・マジ何回でもできそうですよ俺。」

 

 

山井は興奮したやや上擦った声で言っている。よほど果歩の身体が気に入ったようだ。

 

 

富田 「・・・それで、果歩はどうなんだ?人生で3本目のチ○ボの味はどうだ?気持ちいいのか?」

 

 

果歩 「ァァ・・・ハァ・・・アッアッアンッ・・・富田さん・・・ハァンッ・・・!」

 

 

どうやら果歩の答えは聞くまでもないようだ。

 

 

富田 「フッ・・・仕方ない女だなぁ果歩は、お前は誰のチ○ボでも感じちまうのか?」

 

 

富田はそんな言葉を発しながら、羽織っていたバスローブを脱ぎ捨て、自分もベッドに上がって果歩の正面へ移動した。

 

グロテスクな肉棒が愛おしい

 

富田の身体は相変わらず逞しい肉体だった。

 

余分な脂肪は見当たらない、毎日のトレーニングで鍛え上げられ、ゴツゴツと太い筋肉が付いた身体は山井と同様によく日焼けしている。

 

そして果歩の前に膝立ちになった富田は、果歩の頭を掴んで強引に自分の腰の前に顔を向かせた。

 

 

果歩 「アンッ・・・・・ぇ・・・富田さん・・・?」

 

 

果歩の目の前にはまだ勃起する前の、しかしそれでも十分な迫力を感じる富田の肉棒があった。

 

 

富田 「おら・・・何をしたらいいのか分かるだろう?」

 

 

富田はそう言いながらまだ勃起していない柔らかな肉棒の先端を果歩のふっくらとした唇にムニュっと押し付けた。

 

 

果歩 「ハァ・・・ムン・・ン・・・」

 

 

今まで数多くの女性を貫いてきた富田の肉棒、その勃起する前の色は真っ黒だった。

 

先端の亀頭部分は辛うじて肌色が薄っすらと残っているが、別の部分はまるで人の性器とは思えない程黒い。

 

誰が見てもその肉棒がかなり使い込まれたモノである事は一目瞭然だろう。

 

多くの剛毛に包まれたソレは、あまりにグロテスクだ。

 

そんな黒い肉棒が果歩のピンク色の唇を押しつぶしている。

 

果歩のピンク色の唇がその肉棒のグロテスクさをさら助長していた。

 

 

富田 「おら果歩、早くしろよ。俺を待たせるな。」

 

果歩 「ン・・・ン・・・ハァ・・・ン・・・」

 

 

果歩は山井に身体を激しく揺さぶられながらも、必死に口を開き冨田の肉棒を咥え込んだ。

男の股間の匂いを欲して

果歩 「ァンゥ〜・・ン・・・・・」

 

 

富田の味が果歩の口内に広がる。

 

同時に鼻を富田の股間に生い茂る、陰毛地帯に押し付けたため、富田の濃い匂いを感じた。

 

 

・・・ハァァァ・・・この匂い・・・

 

 

昨日まで散々味わってきたこの味、この匂い。

 

一日空けただけなのに随分と久しぶりに感じる。

 

それは学校にいる間も、アルバイトをしてる間も、ずっと果歩がこれを欲していたという事の証明だった。

 

 

果歩 「ン・・・ハァ・・・スゥーー・・・ハァン・・・」

 

 

思わず鼻から肺いっぱいに富田の匂いを吸い込む果歩。

 

そのツーンっと来る独特の強烈で濃い匂いに、果歩の脳はグラーンと揺れ、甘く痺れた。

 

 

富田 「フフ・・・今夜は山井も入れて3Pだからな果歩、マ○コが休まる時はないからなぁ!イカせまくってやるから覚悟しろよ!」

 

 

富田のサディスティックな言葉に果歩の膣はギュウッと締まって反応した。

3Pに積極的になる女

果歩 「ゥンッ・・・ァ・・・ハァゥ・・・ンッンッンッ・・・!」

 

 

部屋の中央に置かれた大きなベッドが絶え間なく激しく揺れている。

 

裸の果歩は、逞しい身体を持つ2人の男に挟まれるように、その間で必死に声を出して喘いでいた。

 

果歩の上の口と下の口に同時に入れられた男根が、忙しく出入りしている様子はなんとも残酷にみえながらも、異常に卑猥な光景だった。

 

下半身は山井に支配され、パンパンと果歩の柔らかな尻に叩きつけるように激しいピストン運動でヴァギナを刺激している。

 

一方で頭は富田の両手で固定され、口に極太のペニスを入れたまま富田が腰を振ってイラマチオを続けていた。

 

 

果歩 「ンッンー・・・ハァン・・・ムゥ・・ンゥ・・・ンッンッンッ・・・!」

 

 

全身にビッショリと汗を掻いている果歩。

 

プルンプルンと揺れる乳房、その先端の乳首は固く勃起し、それと同様にグッチョリと濡れた秘部にあるクリトリスも真っ赤に充血し勃起している。

 

富田の巨根を目一杯に咥えている口の端からはだらしなく涎がダラダラと流れ出ていた。

 

しかし苦しいにも関わらず、果歩の口内では舌がペロペロと忙しく富田の亀頭を刺激し続けている。

 

男性2人と同時に性行為をしているという異常な行為に、果歩は積極的な姿勢を見せていたのだ。

 

 

 

山井 「あ〜ヤバイ・・・富田さん、一足先に出しちゃっていいっスか?果歩ちゃんのマ○コ気持ちよすぎだ・・・ハァ・・・。」

 

 

山井は果歩の柔尻を両手でムニムニと揉みながら富田に言った。

 

 

富田 「・・・お前風呂で果歩に一発抜いてもらったんじゃないのかよ?」

 

 

山井 「いやぁ久しぶりに興奮し過ぎちゃって・・・すぅーはぁ・・・あ〜もうダメだ、マジでイキそうです。」

 

 

富田 「フッ・・・仕方ないな。まぁ果歩もそろそろイクみたいだし、思う存分出してやれよ。」

 

 

富田はそう言いながら果歩の頭を離して、ペニスを果歩の口からゆっくりと抜いた。

 

 

果歩 「ンー・・・ンパァッ!・・・・ハァ・・・ハァ・・・ン・・・ハァ・・・」

 

 

やっと口が解放され、濃い粘液を口から垂らしながら荒く呼吸する果歩。

 

 

山井 「へへ・・・まぁ出してもすぐ復活すると思いますけど。今日のために溜め込んできましたんで。」

たまらない膣締テクニック

 

両手果歩の尻たぶをグッと左右に開き、さらに秘壺に肉棒を深く挿入できるようにした山井。

 

 

山井 「ハァァ・・・激しいのいくぜ果歩ちゃん・・・」

 

 

山井はそう呟くと、果歩の両腕を掴み、自分の方へ引き寄せながら猛然と腰を激しく振り出した。

 

 

パンパンパンパンパン・・・・!!!!

 

 

果歩 「ゥァァアアア!!ハァァァ・・・山井さんっ・・・あっ・・ハァン・・アンッアンッアッ・・!!!」

 

 

ボコボコに割れた腹筋を硬くしながら山井は、機械のような速さのピストン運動を見せる。

 

両腕を後ろに引っ張られ背中を反らし、胸を張る格好になった果歩。
臀部に山井の腰が叩きつけられる度に乳首の勃起した乳房が激しく揺れる。

 

 

山井 「ハッハッハッ・・・・ハァ・・・どうだ果歩ちゃん・・・気持ちいいか?」

 

 

山井の肉棒には白く泡立った果歩の愛液が纏わり付き、真っ赤になって膨らんでいるヴァギナは激しく抜き差しされる肉棒に吸い付いてきている。

 

 

果歩 「ハァ・・・ン・・・アッアッ・・・もう・・・ハァァンッ・・・!」

 

 

切羽詰った表情で果歩はもうすぐ絶頂で迎えるであろう事を表現している。

 

 

今日人生で3人目の男性を知った果歩。

 

自分の大事な処に山井を受け入れる事には不思議と抵抗感はなかった。

 

濡れたアソコを山井の肉棒に押し広げられる時の快感。

 

それを感じた瞬間何もかもどうでもよくなってしまった。

 

山井に身体を激しく揺さぶられ、髪を乱しながら、果歩の頭の中は性的快感への欲望だけしか残っていなかった。

 

そうなった果歩はもう、この男達がする全ての行為を受け止めるだろう。

 

 

肛門に力を入れれば、膣が肉棒を締め付けて男性に快感を与える事ができる。それと同時に膣内を擦られる快感も増大する。
それをこの数日の間に富田に教えられた果歩は、肛門にできる限りの力を入れ膣を締め、山井の肉棒を締め付けた。

 

 

山井 「お・・・おぉ締まる締まる・・・果歩ちゃんすごいなぁ・・・ハァハァ・・・」

 

 

山井は果歩の膣締テクニックに笑みを浮かべながら、キュっと閉じた果歩の肛門を指先で軽くくすぐった。

 

 

果歩 「ハァァ・・・ァァ・・・アッアッ・・・もう・・・私・・・アッアッアンッ・・!!!」

 

 

山井 「ハァハァ・・・俺もイクよ果歩ちゃん・・・ハァハァ・・・あ〜すげぇエロいよ果歩ちゃん・・・ハァ・・」

 

 

<<前へ     次へ>>