【 クリムゾン 】 まとめて無料試し読み

尻を叩かれて悦ぶ女

 

果歩 「ぅ・・・ハァ・・・ぅ・・・・ハァ・・・」

 

 

腰だけを高く上げたままベッドに突っ伏している果歩。

 

果歩の尻を叩き続けていた富田の手がやっと止まった。

 

美白の肌の持ち主である果歩の身体で、富田の方へ突き出した柔らかな丸みを帯びた尻たぶだけが赤く染まっている。

 

パチーン!パチーン!と大きな音を立てながら叩かれ続けた事で赤く腫れた果歩の桃尻は、今にも湯気が上がりそうなくらい熱い。

 

 

富田 「ハハッ、ごめんなぁ果歩。でもそんなに痛くはなかっただろ?・・・ん?泣いてるのか?」

 

 

果歩 「ぅ・・・ぅ・・・・・」

 

 

ベッドに伏せた果歩の顔、その目からはポロポロと涙が溢れ、流れていた。

 

富田に突然尻を叩かれるという出来事に、今までの人生でそんな経験をした事がなかった果歩には刺激の強すぎたようだ。

 

どうしたらいいのか訳も分からずに泣いてしまった。

 

 

山井 「あーぁ・・・果歩ちゃん本当に泣いちゃいましたよ富田さん。」

 

 

富田 「フッ・・・ちょっとびっくりしちゃったかぁ果歩・・・でも・・・。」

 

 

富田はそう言いながら、ヒリヒリ敏感になった果歩の尻たぶを擦った後、グッと果歩の尻を左右に広げた。

 

 

果歩 「ハァ・・・ぁ・・・」

 

 

富田は尻たぶを広げたまま、さらに親指2本を使って、縦に割れている果歩の秘裂を左右に拡げる。

 

 

果歩 「・・・ん・・・ァ・・・」

 

 

果歩のその部分を見た富田はニヤッと笑みを浮かべる。

 

 

富田 「でもなぁ果歩・・・ココはすげぇ事になってんぞ?」

 

 

果歩の真っ赤に腫れた尻の中心のその部分は、グッチョリと新たな愛液を溢れさせ濡れていた。

 

左右に開かれた秘肉の間にはその粘着質な愛液が糸を引いている。

 

 

果歩 「ハァ・・・ハァ・・・ぅ・・・・」

 

 

富田 「身体は・・・どうやら尻を叩かれて悦んでたみたいだな・・・。」

 

 

富田はそう言って2本の指を、愛液が滴る蜜壷にゆっくりと沈めていく。

 

 

果歩 「ァ・・・ハァァァ・・・」

手淫であふれる愛液

 

グチュ・・・グチュ・・・グチュ・・・

 

 

ゆっくりとしたリズムで、指の腹で濡れた膣壁を擦るように手を動かしてい富田。

 

 

富田 「そういえば、今日はまだこれをしてやってなかったなぁ・・・果歩はこれ好きだろ?」

 

 

グチュグチュグチュグチュ・・・・!

 

 

絶妙な力加減で徐々に指の動きを速くしていく。

 

 

果歩 「ァ・・・ァ・・・アッアッアンッ・・・!」

 

 

富田 「山井、遠慮しないで果歩の口が暇してるんだから使っていいんだぞ?」

 

 

山井 「へへ・・・泣いてる果歩ちゃんのフェラっスかぁ、イイっスねぇ。じゃあ・・・遠慮なく。」

 

 

ベッドに顔を伏せていた果歩の頭の前で膝立ちになった山井は、果歩の頭を両手で掴み、顔を上げさせる。

 

果歩の目の前には2度の射精をしたにも関わらずギンギンに勃起している山井の男根が。

 

 

果歩 「ハァ・・・アッアッアッアッ・・・・ン・・・」

 

 

富田は果歩の恥骨の裏のザラザラとした部分を集中的に刺激し始めている。

 

 

グチャグチャグチャグチャ・・・!!

 

チャプチャプチャプチャプ・・・!!!!

 

 

富田からの手淫によって果歩の秘部から部屋に響いていた卑猥な音はより水分を含んでいるものへと変化してきた。

 

 

富田 「ハァ・・・果歩、我慢しなくていいんだからな・・・。」

 

 

富田は後ろからそう言いながら、手の動きにラストスパートを掛けていく。

 

 

果歩 「ハァァァ・・・アッアッアッ・・・!!」

膣奥まで一気に勢いよく挿入

 

前で両手で果歩の頭を掴んでいる山井は、イヤらしく喘ぐ果歩の顔を上に向かせ、その表情を見つめながら口を開く。

 

 

山井 「すっげぇ音してるねぇ果歩ちゃんのマ○コ・・・潮吹きそう?果歩ちゃん泣きながら潮吹いちゃうのか?ん?」

 

 

果歩 「ァハァ・・・ハァァァ!ぅ・・・ァァ・・・ァアッアッアッアッ・・・・!!!」

 

 

山井の質問には答える事ができず、ただ涙を流しながら喘ぐ果歩。

 

 

グチャグチャグチャグチャグチャ・・・・!!!!

 

 

果歩 「アッアッアッ・・・ハァァァアア・・・!!」

 

 

やがて富田の手の動きのリズムに合わせる様にして果歩の秘壺からサラサラとした体液が吹き出す。

 

 

富田 「あ〜出てきた出てきた・・・あ〜止まらねぇやこれ・・・。」

 

 

ビタビタビタ・・・と音を立てながら、吹き出したその液体がベッドのシーツを濡らしていく。

 

そしてアソコを弄られる快感に潮吹きをする果歩をさらに追い込むように山井が行動に出る。

 

 

山井 「ほら果歩ちゃん、同時にいこうかぁ・・・へへ・・・。」

 

 

ヴァギナを責められ、喘ぎ半開きになっている果歩の口に山井は強引に肉棒を差し込んだのだ。

 

 

果歩 「ンッーーー!!!」

 

 

果歩が頭を動かすのではなく、山井が果歩の頭を固定して腰を動かすイラマチオが始まった。

 

 

果歩 「ンッンッンッ・・・ンーーー・・・!」

 

 

苦しそうに眉間にシワを寄せ、その行為を受け止める果歩。

 

しかし、そんな果歩をさらに追い込むために後ろにいる富田も次の行動にでる。

 

潮を吹かせていた指を蜜壺から抜いた富田は、間を空けないように素早く自分の肉棒の先端をその濡れた秘裂に当てがう。

 

 

富田 「スーー・・・・・。」

 

 

そして富田はひとつ深呼吸をすると、無言でいきり立った男根を果歩の膣奥まで一気に勢いよく挿入した。

 

 

果歩 「ッンーーーーーー!!!!」

痙攣

果歩 「ンッンッンッ・・!・・ぅ・・・オェ・・・ぅ・・・ンッンッンッウンッ・・・・!!!」

 

 

・・・苦しい・・・

 

 

・・・苦しいのに・・・・・・

 

 

前からは山井の肉棒を喉に届くほど深くしゃぶらされ、苦しくて涙が止まらない。

 

後ろからは富田の巨根にヴァギナを激しく責められ、全身が快感で痺れる。

 

果歩の身体は苦痛とも思える苦しさと、甘くて強烈な快感に同時に襲われているのだ。

 

 

果歩 「ンッンッ・・・ンーーー!!!ァハゥンッ・・・ぅ・・・ンッンッンッ・・・!!」

 

 

身体が性的快感に感じると、声を出しやすい体質の果歩。

 

しかし、今はその喘ぎ声を出すための口を山井の肉棒によって塞がれている。

 

ズンズンと同じリズムで口奥と膣奥に出し入れされる2本の男根。

 

膣奥を突かれる度に、その快感に押し出されるように声を出したいのに、同時に山井の肉棒が喉付近にまで入ってくるため、上手く呼吸できない果歩。

 

2本の男根が引かれた僅かな瞬間に果歩は呼吸をしようとするが、それでも少しの空気しか吸えないでいた。

 

まったく呼吸ができない訳ではないが、限界ギリギリの酸欠状態が続き、その苦しさと快感に、果歩の頭の中は徐々に真っ白になっていく。

 

 

そして、果歩の身体がその強烈過ぎる快感に耐え切れなくなった瞬間、真っ白になった頭の中で、果歩は1本の何かの糸がプツンッと切れたのを感じた。

 

 

果歩 「ン・・・ァ・・・ン・・・・・・ァ・・・・ガ・・・ァァ・・・」

 

 

その瞬間、今までのセックスでは見せた事が無い反応を見せ始める果歩。

 

ガクガクガク・・・と、果歩の身体が痙攣し始めたのだ。

 

絶頂の時とは違う、果歩の身体の痙攣は止まらなかった。

完全なトランス状態

 

富田 「フッ・・・入ったな・・・。」

 

 

果歩の身体がカァーっと熱くなる。

 

全身の毛穴が開いた様に汗が噴出し、涙も涎も垂れ流し、富田に責められているヴァギナからは大量の潮が吹き出す。

 

 

富田 「おぉおぉ・・・ハハッ漏らしまくりだな果歩。」

 

 

山井 「すっげぇ果歩ちゃん、感じ過ぎじゃないっすか?」

 

 

富田 「へへ・・・もうこうなったら全身が性感帯みたいなもんだからな・・・これで果歩も完全に堕ちたなぁ。よし山井、スパート掛けるぞ!」

 

 

山井 「はいよ!もう出そうで我慢してたんすよっ。でも、果歩ちゃん壊れちゃいそうっスね?」

 

 

富田 「これからコイツがどう壊れていくのかが楽しみなんだよ。」

 

 

山井 「は〜富田さんってやっぱ鬼畜だわ。」

 

 

ニヤニヤと笑みを浮かべながら喋りながら腰を振る2人。

 

しかしその声は果歩の耳には届いていなかった。

 

完全なトランス状態に陥った今、果歩の思考は完全に停止してしまっているのだ。

 

 

パンパンパンパンッ・・・!!!!!!

 

 

射精に向けて腰を激しく振り出した富田と山井。

 

 

果歩 「ンーーー!!!!・・・ンッンッンッーーー!!!!!」

 

 

それと同時に果歩は、叫ぶように、狂ったように喉を鳴らした。

 

 

山井 「ハァハァ・・・富田さん、俺もう出そうです・・・。」

 

 

富田 「フッ・・・仕方ないな。じゃあ最後は果歩の喉奥まで突っ込んで飲ませろよ。」

 

 

山井 「へへ・・・果歩ちゃんごめんよ、じゃあ遠慮なく。」

 

 

山井はそう言うと、果歩の頭を固定したまま今までよりもさらに深いストロークで激しく腰を振り出した。

 

 

限界の限界

 

ヌチャヌチャヌチャ・・・!!!!

 

 

果歩 「オエ・・ンッンッンッンッ・・・!!!!!」

 

 

山井 「あー出る!ハァァ出すぞ果歩ちゃん!」

 

 

最後に一際激しく腰を振った後、思いっきり果歩の喉奥へと肉棒を差し込んだ。

 

通常の男性よりも大分長い山井の肉棒が根元まで果歩の口に収まり、果歩の顔は山井の股間に生い茂る陰毛帯に埋まる。

 

亀頭が果歩の喉にズッポリ入った状態で山井はついに果てた。

 

 

ドビュッーーー!!!・・・ドビュッ・・・ドビュッ・・・!!!

 

 

果歩 「ゥ・・ォ・・ガ・・・ン・・・・ェ・・・」

 

 

虚ろな目を半開きにしながら声をあげる事もできずに、果歩は射精される山井のザーメンが喉に直接かかるの感じていた。

 

 

山井 「ハァハァ・・・」

 

 

射精を終えた山井はゆっくりと果歩の口から肉棒を抜き出す。

 

 

果歩 「ァ・・・ハァァァ・・・・!ハァァ!・・・オエッ!・・・ゥ・・・ゲホゲホッ・・・!・・・ハァ・・ハァ・・ハァ・・・・」

 

 

口を解放された瞬間、苦しそうに口から精液と唾液が混ざった濃い粘液を吐き出しながら激しく呼吸する果歩。

 

 

富田 「へへ・・・いい顔だ果歩。でも・・・まだ終わりじゃないからなぁ・・・いくぞ。」

 

 

休む間もなく、今度は富田がラストスパートを掛けていく。

 

 

果歩 「アッ!!!ハァアアアアアアアアアアンッ!!!!!!」

 

 

パンパンパンパンパンッ・・・!!!!!!!!

 

 

最後の富田からの強烈な追い込み。

 

富田は激しく痙攣する果歩の身体を押さえながら強引に腰を振り続けた。

 

 

 

 

果歩 「ハァァアアアアッ!!!!あああ・・・もう死んじゃうっ!・・・ハアアアアキャーーーーーーッ!!!!!」

 

 

 

ついに限界の限界を超えた果歩の身体。

 

最後に悲鳴のような叫び声を上げると、果歩はそのまま意識を失った・・・。

 

 

<<前へ     つつく TOPへ>>