クリムゾン.com

おいし・・・

>> 「有名女子大生果歩(凌辱編)」はじめから読む

 

富田 「果歩ちゃん、大丈夫か?」

 

果歩の頭を跨ぎながら問う富田。

 

果歩 「ハァ・・・ハイ・・・なんとか・・・でもあの・・・」

 

富田 「ん?なんだ?」

 

果歩 「あの・・・目が・・・開けられなくて・・・。」

 

富田 「え?ハハ!ごめんごめん!えーとティッシュは・・・あれ?ないなぁ。秋絵ちゃ−ん!!ティッシュ持ってきてくれ!!」

 

大声で隣の部屋にいる秋絵を呼ぶ冨田。

 

果歩 「ぇ・・・あ、あの・・・。」

 

ガチャ・・・

 

秋絵 「フフ、一段落つきました?あらっ!うわぁ、果歩ちゃんお顔精子まみれね。」

 

果歩 「イヤ・・・秋絵先輩・・・いるんですか?」

 

富田に全てを解放しきった姿を秋絵に見られるのが、果歩はなんだか恥ずかしかった。

 

秋絵 「フフ、いるわよ。果歩ちゃん、すっごい気持ち良さそうな声だして、隣の部屋まで聞こえていたわよ?」

 

果歩 「イヤ・・・恥ずかしいです・・・。」

 

絶頂の熱が徐々に冷めてくると同時に、羞恥心が戻ってくる。

 

人前で全裸を晒し、あられもない喘ぎ声を聞かれ、今は男性の精液を付けた顔を見られている。

 

なんとも言えない恥ずかしい気持ちに果歩はなった。

 

秋絵 「フフ、濃いのいっぱいかけてもらったのね。」

 

秋絵はそう言いながら果歩の頬っぺたに付着した富田の精液を人差し指で掬う(すくう)ようにとった。

 

そして秋絵はその指をイヤらしく舐めた。

 

秋絵 「おいし・・・フフ、ちょっと待ってね、私が拭いてあげるから。目に入ったらいけないからね。」

 

シュッシュッとティッシュを手に取ると、秋絵は果歩の顔を丁寧に優しく拭き始めた。

 

富田 「悪いな、秋絵ちゃん。」

 

秋絵が富田の表情を確認する。

 

富田は笑みを浮かべ、頷いていた。

 

秋絵 「いえ・・・・果歩ちゃん、シャワー浴びにいこうか?」

 

大体の精液を拭き取ってもらった果歩。

 

まだ顔がカピカピする。

 

薄っすら目を開けるとすぐ横にバスタオルを身体に巻いた秋絵が座っていた。

 

果歩 「秋絵先輩・・・。」

 

秋絵 「お顔気持ちそのままじゃ悪いでしょ?一緒にシャワー浴びましょ?私が綺麗にしてあげる。」

 

果歩 「ぇ・・・いっしょにですか?」

 

秋絵 「フフ、女同士なんだから恥ずかしがらなくてもいいのよ?」

 

果歩 「・・・ハイ・・・。」

 

 

マッサージ

果歩はヨロヨロと立ち上がり、秋絵に渡されたバスタタオルを身体に巻くと、秋絵に連れられて部屋を出て行った。

 

 

富田 「さてと、栄養ドリンクでも飲んどくか・・・ん?へへ、必要ないか。」

 

腰に手をあて、部屋の中にある鏡の前に立つ富田。

 

下半身の中心、射精を迎えたばかりのはずの富田の男根は、力強く上を向いていた。

 

果歩 「あの・・・秋絵先輩、自分でやりますから・・・。」

 

秋絵 「フフ、いいじゃない、私に洗わせて。それにしても果歩ちゃん、ホント肌綺麗ね。」

 

広い浴室、裸の女子大生がふたり、寄り添うように立っている。

 

果歩の後ろから手を伸ばし、手の平で撫でるようにボディソープで果歩の身体を洗う秋絵。

 

果歩 「ぁ・・・ン・・・秋絵先輩・・・なんか恥ずかしいです・・・。」

 

秋絵 「フフ、これだけで声出ちゃうんだ?ホント敏感ね。」

 

わき腹の辺りを優しく撫でる秋絵。

 

秋絵が果歩の身体を撫でるたび、果歩小さな声を漏らした。

 

秋絵 「ねぇ果歩ちゃん。富田さんとのセックス、どうだった?」

 

果歩 「ぇ・・・。」

 

・・・そう・・・私・・・富田さんとSEX・・・したんだ・・・

 

ついさっきの富田との熱い性交が、果歩はなんだか夢の出来事のように感じた。

 

果歩 「・・・あ、あの・・・すごかった・・・です・・。」

 

下向き加減で顔を赤らめて返事をする果歩。

 

秋絵 「フフ、どんな風にすごかったの?」

 

果歩 「・・・なんか・・・激しくて・・・」

 

秋絵 「それで?」

 

果歩 「・・・あの・・・私、あんな風になっちゃうなんて・・・今は恥ずかしくて・・・なんだか信じられません・・・。」

 

秋絵 「フフ、あんな風ってどんな風?」

 

果歩 「・・・・・あんなに・・・声出しちゃったりとか・・・なんか私、頭真っ白になっちゃって・・・。」

 

秋絵 「フフ、いっぱいイッちゃったのね?」

 

果歩 「・・・・ハイ・・・・・アッ・・・。」

 

果歩の身体を洗っていた秋絵の手が果歩の乳房を揉み始めた。

 

マッサージする様に手を動かす秋絵。

 

ニュルニュルとボディソープで滑る手。

 

果歩の柔らかな乳房はプニュプニュとイヤらしく形を変えた。

 

果歩 「ぁ・・・ぁ・・・・秋絵先輩・・・ダメです・・・。」

 

秋絵 「柔らかい・・・乳首もピンクで・・・フフ、もうコリコリ・・・乳首勃起しちゃってるよ?」

 

果歩 「ぁ・・・ハァ・・・そんな・・・イヤです・・・。」

 

秋絵 「果歩ちゃん可愛い、ちょっとしただけで反応しちゃうんだ?」

 

果歩 「ハァ・・・秋絵先輩・・・ハァ・・・。」

 

一発で満足しない男

秋絵 「フフ、果歩ちゃん良い表情してる。もうスイッチ入っちゃったのね。」

 

果歩の勃起した乳首を摘んだり軽く引っ張ったりしながら乳房を激しく揉む秋絵。

 

果歩 「ァ・・・ァ・・・ァ・・・・ハァ・・・」

 

秋絵 「フフ、果歩ちゃん敏感ね・・・じゃあこっちは、どうなってるかな?」

 

片手を果歩の乳房から離し、その手を下に移動させていく秋絵。

 

果歩 「ぁ・・・ダメッ・・・」

 

慌てて自分の股間を両手でガードする果歩。

 

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん可愛いわ・・・私も果歩ちゃんを感じさせたいの。」

 

果歩 「・・・ぇ・・・秋絵先輩・・・?」

 

秋絵 「なんか果歩ちゃん見てるといじめたくなっちゃう・・・富田さんの気持ちわからなくはないわ。」

 

果歩 「・・・・・・」

 

秋絵 「ね?いいでしょ?ほら、手を退かせて・・・私が気持ちよくしてあげる・・・。」

 

秋絵の言葉に観念したのか、果歩はゆっくり股間から手を退かせた。

 

お腹の辺りから滑らせるようにして果歩の秘部に向かう秋絵のしなやかな手。

 

果歩 「・・・ァ・・・」

 

秋絵 「あら・・・すっごいヌルヌルよ果歩ちゃん。フフ・・・これはソープのヌルヌルじゃないもんね?」

 

果歩 「ハァ・・・秋絵先輩・・・」

 

秋絵 「果歩ちゃんのマン汁、どんどん出てくるよ?・・・ここは?フフ・・・クリトリスも勃起してる。」

 

秋絵はそう言って指先で果歩の陰核を軽く弾いた。

 

果歩 「アンッ!」

 

秋絵 「フフ・・・富田さんにあんなにしてもらったのにね。」

 

果歩のクリトリスを中心に刺激を続ける秋絵。

 

果歩 「ァ・・・ハァ・・・ァ・・・ァ・・・ハァ・・・」

 

浴室に果歩の小さな喘ぎ声が響いていた。

 

秋絵 「ねぇ果歩ちゃん・・・もしかしてまたオチンチンほしくなっちゃってるんじゃない?」

 

果歩 「ハァ・・・ハァ・・・・ン・・・」

 

果歩は息を荒げながら、何も答えない。

 

秋絵はそんな果歩の耳に口を近づける。

 

秋絵 「ほしいんでしょ?果歩ちゃんエッチだもんね?」

 

果歩 「ハァ・・ハァ・・・秋絵先輩・・・。」

 

秋絵 「フフ、富田さんがベッドで待ってるわ」

 

果歩 「・・・え?」

 

秋絵 「あの人、一発で満足するような人じゃないから・・・フフ・・・」

 

耳元で囁かれた秋絵の言葉に、果歩の身体は再び熱くなった。

だらしのない女

浴室から出た果歩は身体を拭き、身体に再びバスタオルを巻いてリビングに来た。

 

リビングでは服を着た山井がソファに座り、タバコを吸ってくつろいでいた。

 

山井 「おぉ果歩ちゃん、サッパリしたか?」

 

果歩 「山井さん・・・ハイ・・・。」

 

パスタオルだけの自分の姿が恥ずかしいのか、顔を赤らめながら答える果歩。

 

山井 「ハハ、そんな今更恥ずかしがらなくても、俺はもう果歩ちゃんの裸は拝見済なんだぜ?」

 

果歩 「イヤ・・・山井さん・・・。」

 

裸を見られるどころか、山井には胸も揉まれ、潮を吹くところも見られ、富田に挿入されるところも、イかされるところも見られたのだ。

 

今更ながら、自分がそんな痴態を他人に曝してしまった事がどうしようもなく恥ずかしかった。

 

山井 「ところで果歩ちゃん、秋絵ちゃんと風呂場で何かしてたのかい?」

 

果歩 「え?」

 

山井 「なーんかエッチな声が風呂場から聞こえてきてたぞぉ。」

 

果歩 「ぇ・・・・あの・・・それは・・・。」

 

果歩は恥ずかしそうに山井の指摘に何と答えればいいのか分からず困った様子。

 

秋絵 「フフ、何をしてたかは秘密よね?果歩ちゃん。」

 

果歩の後ろから聞こえた秋絵の声。

 

果歩より少し遅れて出てきた秋絵は、果歩のようにバスタオル姿ではなく服をきちんと着ていた。

 

山井 「なんだよぉ、次は俺も交ぜてくれよなぁ。」

 

秋絵 「フフ。」

 

果歩 「・・・・・。」

 

山井は冗談っぽくそんな事を言っていたが、果歩はそれを聞いて自分が男の人とお風呂に入るところを想像してしまっていた。

 

 

山井 「あれ?そういえば果歩ちゃんだけなんでそんな良い格好してんだ?まぁ俺はそっちのが好きだけど。」

 

果歩 「ぇ・・・これは・・・その・・・。」

 

秋絵 「果歩ちゃんはまだ富田さんとする事があるんだもんね?」

 

果歩 「ぁ・・秋絵先輩・・・。」

 

山井 「ハハ、そういう事か。」

 

顔を赤くして俯く果歩。

 

これからセックスをしに男のところへ行く女。

 

自分の事をそんな風に思われるのが、果歩は恥ずかしかった。

 

 

だらしのない女だって・・・山井さん、思ってるのかな・・・

メチャクチャにされたい・・・

秋絵 「はい、果歩ちゃんこれ、富田さんの分も持って行ってあげて。」

 

秋絵はそう言って果歩に水の入ったペットボトル2本を、果歩に渡した。

 

秋絵 「いいのよ果歩ちゃん。今日は特別、今日だけは富田さんに思う存分、気持ちよくしてもらえばいいのよ。」

 

果歩 「・・・・・。」

 

秋絵 「女は誰だって男の人に思いっきり抱かれたい時があるのよ、だから大丈夫、私も山井さんも、富田さんだってそんな果歩ちゃんを軽い女だなんて思ったりしないわ。今日の事は私たちだけの秘密、ね?だから何も気にする事なんてないわ。」

 

果歩 「・・・秋絵先輩・・・。」

 

秋絵の優しい言葉は果歩の自虐的になりかけていた心を楽にした。

 

・・・誰だって男の人に思いっきり抱かれたい時はあるのよ・・・

 

秋絵の言葉が再び果歩の気持ちをを解放させようとしていた。

 

 

・・・抱かれたい・・・

 

・・・またさっきみたいに、男の人を感じたい・・・

 

・・・すべてを忘れてしまう程の快感を感じたい・・・

 

 

浴室で秋絵に欲望の火を点けられた果歩の身体は、再び富田を欲し始めている。

 

そして果歩の気持ちも・・・

 

友哉との辛い出来事を、富田と繋がっている時だけは忘れていられる。

 

 

・・・今日だけ・・・今日だけは・・・いいよね・・・

 

・・・もう一度、富田さんにメチャクチャにされたい・・・

 

クリムゾンオマージュ1 >>