クリムゾン.com

我慢汁

>> 「有名女子大生果歩(凌辱編)」はじめから読む

 

・・・ハァ・・・

 

カチコチに硬くなったペニスの茎部分を果歩の白く柔らかい手が上下にリズミカルに扱きあげている。

 

富田 「慣れてきたな、果歩ちゃん。」

 

果歩 「・・・ちょっとは・・・。」

 

しばらく続けていると、富田のペニスの先端部分から透明な液体がトロ〜っと溢れてきた事に気付いた果歩。

 

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、その先っちょから出てきたの、何か知ってる?」

 

果歩の疑問をもった表情に気付いた秋絵が声をかけた。

 

果歩 「い・・・いえ・・・。」

 

山井 「我慢汁って言うんだよ、ホントに聞いたことない?」

 

果歩 「・・・聞いた事は・・・あるかもしれないですけど・・・これがそれだとは知らなかったです・・。」

 

秋絵 「フフ・・・男の人はね、気持ちよくなるとオチ○チンからこの我慢汁を出すのよ。」

 

果歩 「そう・・・なんですか・・・。」

 

富田 「そっ!果歩ちゃんだってオナニーする時、気持ちいいとヌルヌルしたのオマ○コから出てくるだろ?」

 

果歩 「・・・イヤだ・・・富田さん・・・。」

 

直接的な言葉で果歩の自慰行為について触れてくる富田に対し、果歩は口ではそう言っていても、特別嫌がっている様子ではなかった。

 

恥ずかしいのは当たり前だったが、ここにいる三人に自分の性経験をほとんど曝け出してしまった今、普段から下ネタが多い富田にどんなにイヤらしい事を言われても嫌悪感を抱く事はなかった。

 

秋絵 「果歩ちゃん、その我慢汁、ちょっと触ってごらん。」

 

果歩 「え・・・触るんですか・・・?」

 

果歩は秋絵の言葉を聞き、富田の顔を見て無言で触っていいのか確認する。

 

富田 「ハハッ、どうぞどうぞ!」

 

果歩 「・・・じゃあ・・・あの・・・失礼します・・・。」

 

そう言って、恐る恐るといった様子で、人差し指を亀頭の鈴割部分に近づけていく果歩。

舌で感じた熱い体温

ペト・・・

 

赤黒く巨大な亀頭の先端に触れた指。

 

ヌルっとした感触。

 

一度液体に触れた指をゆっくり離していくと、ツ〜っと糸を引く富田の我慢汁。

 

我慢汁が着いた人差し指を、親指を合わせる様にして、その感触を確かめる果歩。

 

なんとなく・・・自分のあの時、自慰行為の時に出てくる液体と似ていると果歩は思った。

 

秋絵 「果歩ちゃん、どんな感じ?」

 

果歩 「なんか・・・ヌルヌルしてます。」

 

秋絵 「フフ・・・富田さんが果歩ちゃんの手で気持ちよくなっている証拠よ。」

 

果歩 「気持ち・・・いいんですか・・・?」

 

上目遣いで富田を見てそう聞いた果歩。

 

富田 「めちゃめちゃ気持ちいいよ、果歩ちゃんの手は。できれば動きを止めないでそのまま続けてほしいなぁ。」

 

果歩 「あ、はい。」

 

富田の要望に応えるべく、果歩は再び止まっていた手を上下に動かして、富田の肉棒を扱き始めた。

 

 

富田 「あ〜ほんと気持ちいいわぁ・・・」

 

山井 「うわ〜マジうらやましいっス富田さん。」

 

肉棒を扱きながらその亀頭部分、先端を見つめる果歩。

 

そこから溢れるヌルっとした液体は次第にその分泌量を増やしている。

 

秋絵 「フフ・・・我慢汁、いっぱい出てきたね。」

 

果歩 「はい・・・すごい・・・いっぱい・・・。」

 

秋絵 「じゃあね、果歩ちゃん・・・その我慢汁、ちょっと舐めてみてごらん。」
果歩 「え!?舐めるん・・・ですか?」

 

思いもよらなかった秋絵の提案に、驚きの表情を見せる果歩。

 

富田 「ナイスアイデア秋絵ちゃん!果歩ちゃん頼むわぁ、先端をちょっとだけペロっと、な?」

 

果歩 「そんな・・・舐めるなんて・・・。」

 

山井 「男はそうされるともっと気持ちよくなるんだよなぁ。」

 

果歩 「・・・・・・。」

 

富田 「果歩ちゃん、ちょっとだけ頼む・・・な?」

 

果歩 「そんな・・・。」

 

正直なところ、果歩は我慢汁を舐める事自体に抵抗はなかった。
むしろ、舐めるとどんな感じなのか、舐めたら男の人がどんな反応を示すのか興味があった。
しかし、人前でそんな事をする事に恥ずかしがりやの果歩は抵抗があったのだ。
ましてや相手は彼氏以外の男なのだから。

 

秋絵 「果歩ちゃん、これも練習だと思って、みんなやってる事だし、果歩ちゃんも経験しておいた方がいいわ・・・ね?」

 

果歩 「・・・・・・・わかりました。」

 

少し考えた様子を見せたあと、果歩はそう返事をした。

 

秋絵の説得、そして何より性への大きな好奇心が果歩をそう答えさせていたのかもしれない。

 

富田 「よ〜っしゃあ!じゃあ果歩ちゃん、ペロっと!おっ願いしま〜す!」

 

酔いも回ってきたのだろうか、段々調子付いてきたような富田の返事を聞いた果歩は、小さく頷いて冨田の股間に顔を近づけていった。

 

小さな可愛らしい口から、ピンク色の舌をペロッと出す。

 

赤黒くグロテスクな男根の先端にその汚れを知らない綺麗な果歩の舌が近づく。

 

・・・ピト・・・

 

ヌルっとした感覚と富田の熱い体温を舌で感じた果歩。

 

そして果歩は亀頭にあてた舌を下から上に動かしペロっと舐め上げた。

充実した性生活とは

 

果歩は口の中でネットリとした感覚と塩味を感じていた。

 

富田のペニスに舌を伸ばし、生まれて初めて口で味わった男の体液。

 

秋絵 「フフ・・・どう?富田さんの我慢汁のお味は。」

 

果歩 「・・・しょっぱいです・・・。」

 

富田の体液を舐めても不思議と果歩はむせ返るような気持ち悪さや、不快感は感じなかった。

 

秋絵 「おいしかった?」

 

果歩 「・・・おいしいかどうかはちょっと・・・・わからないです・・・。」

 

秋絵 「でも、嫌じゃないでしょ?」

 

果歩 「・・・・・ハイ・・・。」

 

秋絵の質問に正直な感想を答える果歩。

 

富田 「ハハッ、まぁこれで果歩ちゃんのエッチ度もひとつステップアップしたってことだな!」

 

果歩 「・・・ステップアップ・・・ですか・・・?」

 

富田 「そう、果歩ちゃんもちょっとはエッチ度も上げて男を気持ちよくさせるテクニックくらい知っておかないとな!」

 

果歩 「・・・テクニック・・・。」

 

富田 「そっ!それにもっとステップアップすれば、果歩ちゃんのこれからの性生活も充実するってもんだぜ?」

 

果歩 「・・・・・。」

 

性生活。
彼氏である友哉とは遠距離恋愛中の今はともかく、初めて交わってから約半年、回数も少なく淡白な性生活を送っていたと言える果歩。

 

充実した性生活とはいったいどんなものなんだろう・・・

 

富田 「じゃあ果歩ちゃん、せっかくだし今日はもう一つ二つくらいステップアップしてくか?」

トロトロの液体はオマンコから

ステップアップ・・・その言葉の意味を果歩は十分理解していた。

 

富田のその言葉に乗るという事は、おそらく果歩にこれまで以上の淫らな展開が待っているという事。

 

知りたかった。

 

体験してみたかった。

 

自分が知らない世界を。

 

普段から自分でも子供っぽいと思うところがあった果歩。

 

秋絵には果歩にはない大人の魅力がある。大人の女性への階段を登りたかった。

 

淫らでエッチで、果歩の身体を熱くさせる魅力的な大人の階段が目の前に用意されているような気がした、ここにいる年上の3人はその登り方を教えてくれる。

 

そして少し考えた様子を見せた後、果歩の口は開いた。

 

果歩 「・・・ハイ・・・。」

 

富田 「よ〜し!じゃあとりあえず、さっきの続きで俺のチ○ボをシコシコしてくれる?」

 

果歩 「・・・は、はい・・・。」

 

富田の言う事に素直に従い、ゆっくりと手を伸ばし、再び富田のペニスを握り締め扱き始める果歩。

 

淫らな階段を登り始めた果歩。

 

しかし、その階段は一度登ったら引き返す事ができない階段だという事に、今の果歩は気付くはずもなかった。

 

登ったと思った階段の先にあるのは蟻地獄のように抜け出す事ができない冨田の罠だったのだ。

 

 

 

クチャ・・・グチャ・・・クチャ・・・

 

亀頭の先端から溢れ出てくる我慢汁が茎の方まで流れてきて果歩の手まで濡らしていた。

 

粘り気のあるその液体のおかげで果歩の手がペニスを扱く動きがスムーズになるのと同時に、粘着質なイヤらしい音が部屋に響いていた。

 

手が富田の我慢汁で汚れていくのも構わずに手を動かし続ける果歩。

 

山井 「うっわ富田さん、我慢汁出しすぎっすよ!」

 

富田 「ハハッ仕方ないだろ?果歩ちゃんの手コキだぜ?だれでもいっぱい出ちゃうって我慢汁。」

 

果歩 「・・・富田さん・・・エッチですね・・・。」

 

最初と比べれば気持ちが開放的になってきたのか、果歩は少し笑みを浮かべながらそう言った。

 

富田 「ハハッそうだよ〜俺はエロいぞ〜!でも・・・果歩ちゃんも人の事言えねぇんじゃね?」

 

果歩 「え?」

 

富田 「果歩ちゃんも出てきちゃってるんじゃないの?俺の我慢汁みたいにトロトロした液体が、果歩ちゃんのオマ○コからよ。」

 

果歩 「え・・・・し、知らないです!」

 

顔を赤くして動揺した様子の果歩を見ながらニヤニヤ笑う3人。

自分だけ気持ちよくなるのもわるいから

 

冨田 「ま、果歩ちゃんのマン汁が出ちゃってるかどうかは置いといて。果歩ちゃん、さっきみたいに亀頭ペロペロ舐めてくれない?」

 

果歩 「え・・・ペロペロ・・・ですか?」

 

冨田 「そっ!キャンディ舐めるみたいに舌伸ばしてペロペロして。」

 

果歩 「・・・わかりました・・・。」

 

先にしたように、ピンク色の小さな舌を出し、冨田の我慢汁で汚れた赤黒い亀頭をペロっと舐めあげる果歩。

 

冨田 「そう、手の動きも止めないでな。」

 

果歩は片手で肉棒を扱きながら、舌で亀頭を次々と溢れてくる冨田の体液を掬い取るように舐める。

 

ペロペロ・・・・ゴク・・・

 

途中舌の上に溜まった冨田の我慢汁を当然の様に飲み込んでしまう果歩。

 

果歩のその様子を見て冨田は満足そうな笑みを浮かべていた。

 

冨田 (フン・・・こりゃもう確実にいけるな・・・)

 

一心不乱に自分のペニスを扱き、舐め続けている果歩。

 

冨田の心の中には確信にも似た感情が沸きあがってきていた。

 

普段あれだけ清純なイメージを放っている果歩が自分の肉棒から出た我慢汁を飲んでいるのだ。

 

そして、この現実にこれ以上ない程自分が興奮している事に気付いた富田は、心に決めたのだ。

 

冨田 (へへ・・・果歩・・・一つ二つステップアップどころか今日教えてやるよ、本当のセックスを・・・)

 

冨田は果歩に気付かれないように山井に目で合図を送る。

 

山井もそれに気付き、小さく頷く。

 

ソファに座り、富田への淫行為を続ける果歩の後ろにそっと近寄る山井。

 

冨田 「あ〜果歩ちゃん上手だねぇ、ホント気持ちいいよ。」

 

果歩 「フフ・・・なんか・・・うれしいな・・・。」

 

自分の手コキと口淫で男性を喜ばせていることに、本能的にうれしい気持ちになる果歩。
恥ずかしがり屋の果歩も、今となってはその気持ちを隠そうとはしなかった。

 

冨田 「でもなぁ・・・なんか俺だけ気持ちよくなるのも悪いから、果歩ちゃんもさ・・・おい、山井。」

 

山井 「はいよ〜!お任せください!」

 

果歩 「え?」

 

いつの間にか果歩の後ろに来ていた山井が、突然果歩に抱きついた。

 

果歩 「キャっ!や、山井さん!?」

 

そして山井は物言わず両手で果歩の胸の膨らみを揉み始めたのだ。

 

カラダがおかしくなるまでマッサージでイカされる女たちへ >>