クリムゾン.com

元気づけられて

>> 「有名女子大生果歩(凌辱編)」はじめから読む

 

富田 「まぁ、適当なところに座ってくれよな。酒とつまみ持ってくるわ。」

 

盛り上がった居酒屋での飲み会の後、二次会として4人が向かったのは富田のマンションの部屋だった。

 

果歩 「わぁ〜広い部屋ですねぇ!」

 

富田が住んでいるマンションは、まさに高級マンションと言っていい。

 

先日果歩が訪れた秋絵のマンション、その部屋も高級感があり広々としていたが、富田のマンションはそこ以上に豪勢で広い部屋だった。

 

山井 「うらやましいよなぁ。こんな所に住めるなんて。」

 

果歩 「本当ですね。」

 

果歩は大きなソファに腰を下ろし、キョロキョロと辺りを見渡している。

 

部屋が広いだけじゃなく、置いてある家具も高級そうなものばかりだ。

 

富田 「ハハッ!でもまぁ、これはこれで、掃除とか大変なんだぜ。」

 

秋絵 「フフ・・・富田さんホントに自分で掃除してます?この前はお手伝いさんに頼んでるって言ってませんでした?」

 

富田 「ハハッ!まいったなぁ、秋絵ちゃん余計な事言わんでくれよぉ!」

 

 

やはりトミタグループの社長の息子であり、トミタスポーツのオーナーでもあるのだから経済的に恵まれているのは当然だった。

 

こんな遊び呆けているような人間が、このような恵まれた生活を送っていることに苛立ちを感じる人も多いはず。

 

しかしそんな富田の事を、お人好しの果歩は特に嫉んだりする事はなかった。

 

むしろ果歩の目には、富田はトミタスポーツのオーナーとして立派に働いているように見えていたため、尊敬のような気持ちさえあった。

 

 

 

最初の居酒屋に続き、二次会も富田が用意してくれたおいしいお酒とつまみ、それに富田と山井の面白いトークで盛り上がっていた。

 

果歩も辛いことがあった反動なのか、これまで飲んだことがないくらいお酒も進み、頬をピンクに染め、富田と山井の話を聞きながら笑っていた。

 

 

・・・やっぱり参加してよかった・・・秋絵先輩も富田さんもこうやって元気づけてくれて・・・やさしいなぁ・・・

 

 

果歩は心の中で富田や秋絵に感謝した。

 

今日は帰っても部屋でひとりで泣くだけだったはずが、今はこんなにも楽しい気分でいられるのだから。

 

今この時間だけは嫌なことも忘れられる。

恋愛相談

 

4人とも大分お酒を飲み終えて、盛り上がっていた時間から少し落ち着いて、みんなソファに座りゆったりとした時間になった時、富田がふいに口を開いた。

 

富田 「それにしても、大変だよなぁ果歩ちゃんも、遠距離恋愛ってのは。」

 

果歩 「え・・・あ・・・はい・・・。」

 

突然富田にそんな事を言われ、友哉の事を思い出してしまい果歩の顔が少し沈む。

 

秋絵 「富田さん、そんな事言ったら果歩ちゃん嫌な事思い出しちゃうじゃないですかぁ。」

 

富田 「あ・・・あはは・・・あ〜ごめんごめん!そんなつもりじゃなかったんだけど。」

 

富田はばつの悪そうな顔で慌てて謝った。

 

果歩 「い、いいんです・・・別にそんなお気遣いして頂かなくても・・・。」

 

秋絵 「フフ・・・あ、そうだぁ果歩ちゃん。彼との事、富田さんと山井さんにも相談してみたら?一応私達より恋愛の経験値はあるだろうし。」

 

山井 「ハハッ!一応じゃなくて、ありまっせ〜経験値、特に富田さんは。そうっスよね?」

 

富田 「おうおう!果歩ちゃん、俺達でよかったら相談にのるぜ?恋愛相談なら馴れたもんだからさ。」

 

果歩 「で、でも・・・そんな・・・」

 

そんな事を言われても、富田達に言ったところで状況が変わるとは思えなかったし、せっかく楽しい飲み会を暗い雰囲気にしてしまうのではと、果歩は思った。

 

秋絵 「ねぇ果歩ちゃん、今日は果歩ちゃんを励ます会でもあるんだし、ここで思っていること全部言っちゃえばきっと気分も楽になるわよ、ね?富田さん達がしっかり受け止めてくれるわ。そうですよね?富田さん?」

 

「そうそう!誰にも言わずに悩みを溜め込んじゃうのはよくないぜ?」

 

確かにそうかもしれない・・・ここで胸に詰まった苦しい思いを吐き出してしまえば少しは楽になれるかもしれない・・・

 

アルコールが回っていたせいもあるかもしれないが、果歩は誰かに今の自分の状況を擁護してもらいという気持ちになっていた。

 

こんなかわいそうな自分を慰めてほしいという弱い心に。

新しい恋人を見つけること

 

富田 「そうかぁ、彼氏の電話に女がねぇ……。」

 

山井 「いやぁマジこんな可愛い彼女がいるのに浮気とかありえないっスねぇその彼氏。」

 

秋絵 「私が知っている限り、友哉君はそんな事するような子には思えないだけどねぇ。すごいマジメな子よね?友哉君って。」

 

果歩 「はい・・・私もそう思ってたんですけど・・・。」

 

友哉はそんな人じゃない・・・あの優しくてまじめな友哉がそんな事するはずがなかった・・・

 

そんな事するはず・・・

 

しかし、あの電話に出た女性・・・・あの言葉は・・・

 

『今友哉ちょっとシャワー浴びにいってるから・・・』

 

 

山井 「甘い!甘いなぁ〜果歩ちゃんと秋絵ちゃんは、男なんてそんな美しい生き物じゃないんだぜ?」

 

富田 「ハハッ、まぁなぁ。」

 

山井の言葉に富田はごもっともといった感じで頷いている。

 

山井 「どんだけ真面目そうな男でも溜まるもんは溜まるしねぇ。」

 

果歩 「え・・・たまる・・・?」

 

富田 「ハハッ果歩ちゃん、果歩ちゃんだって男がある事をしないと溜まってちゃうモノがある事くらい知ってるだろ?」

 

果歩 「え・・・そ、それは・・・。」

 

もちろん、果歩もそれが何なのかは理解できたが、恋愛相談のはずが突然の下の話に、果歩は顔を赤らめる事しかできなかった。
秋絵 「フフ、2人ともなんで急に下ネタなんですか?これは恋愛相談ですよ?」

 

言葉に詰まって困っていた果歩を見て、秋絵は男ふたりに言った。

 

富田 「ハハッ果歩ちゃん、恋愛の話と性の話は深く結びついてるんだよ?」

 

果歩 「・・・そう・・・なんですか・・・?」

 

果歩は富田の言っている意味がよくわからなかったのか、首を傾げている。

 

山井 「まぁさ、果歩ちゃん、男はあれが溜まってムラムラしているところに、セクシーな女とかが近づいてきたら、だいたいヤっちゃう可能性が高いんだよねぇ。」

 

富田 「残念ながら遠距離とかで彼女に会えない奴なんてとくにね。」

 

果歩 「そ・・・そんなぁ・・・。」

 

 

・・・そうなの?・・・男の人ってみんなそうなの・・・?

 

 

アルコールのせいで涙脆く(なみだもろく)なっていたのか、果歩は男ふたりの言葉を聞いて目に涙を浮かべていた。

 

富田 「まぁ果歩ちゃんさ、果歩ちゃんはまだ若いんだし、何事も経験さ。今回の彼氏の事は残念だったけどさ。」

 

果歩 「・・・・・・・。」

 

富田 「女の子はいっぱい恋をしたり、いろんな経験して魅力的な大人の女になっていく訳だし。今回のことも、その一部だと思ったほうがいいよ、な?」

 

秋絵 「そうよ果歩ちゃん、恋も他のいろんな事もたくさん経験した方がいいわ。いい大人の女性になって、友哉君を見返すくらいにならないと。だから今回の事も、いい経験だと思ったほうがいいわ。」

 

果歩 「・・・でも・・・私は・・・友哉の事が・・・。」

 

友哉の事をそう簡単に忘れられることなど、今の果歩にはまだできるはずもなかった。

 

秋絵 「まだ無理して友哉君の事を忘れようとしなくていいの、時間を掛けてゆっくりでいいのよ、ゆっくり・・・。」

 

果歩 「・・・ハイ・・・。」

 

果歩は消え入りそうな小さい声で、悲しそうに返事をした。

 

山井 「そうそう!浮気してた彼氏の事なんてはやく忘れて、新しい幸せを見つけたほうがいいっしょ!」

 

新しい幸せと言われてもピンと来なかった。

 

これは果歩にとって初めての失恋だったからかもしれない。

 

失恋の後の対処法を何も知らないのだ。

 

・・・新しい恋人を見つけるって事・・・?

 

・・・でも今はとてもそんな気分じゃ・・・

まだ知らない幸せ

 

富田 「まぁとりあえず今日はさ、果歩ちゃんが早く彼氏の事を忘れる事ができるように俺達が協力するからさ。ささっ飲んで飲んで。」

 

そう言いながら富田は果歩の隣に座ると、果歩が使っていたグラスに新たにお酒を注いだ。

 

果歩 「あっ、富田さん、もう私は・・・。」

 

もう結構飲んだ後だ。

 

今日の果歩はすでに今までにないくらいアルコールを摂取してしまっていた。

 

 

これ以上飲むのは少し怖い気がする・・・

 

 

富田 「いいじゃんいいじゃん、たまには、この酒うまいんだぜ?」

 

果歩 「じゃあ・・・後一杯だけ・・・。」

 

断れない性格の果歩、これだけ進められたら、あと一杯くらいは飲まない訳にはいかない。

 

ゴク・・・ゴク・・・

 

富田 「お〜いいねぇ!いい飲みっぷりだねぇ!」

 

グラスを口に運び、半分ヤケになった様に一気に入れられたお酒を飲み干す果歩。

 

もう今夜は・・・今夜だけは、ここにいる先輩達に甘えてもいいかも・・・と果歩は思い始めていた。

 

 

・・・はぁ・・・熱い・・・なんだか体が熱くなってきた・・・

 

 

どうやら富田がさっき注いだお酒はアルコール度数がかなり高めのお酒だったらしい。

 

ちょっとだけ覚めかけていたアルコールが再び効き始め、頬がさらにピンクになっていく果歩。

 

 

 

秋絵 「フフ、でもねぇ果歩ちゃん、女の子にはまだ果歩ちゃんが知らないような幸せがいっぱいあるのよ。」

 

富田とは反対側の果歩の隣に座った秋絵がポ〜っとアルコールが回ってきている果歩に話しかけた。

 

果歩 「・・・私がまだ知らない幸せ・・・・ですか・・・?」

 

ボ〜っとする頭で考えてみても秋絵の言っている意味がよくわからなかった果歩。

 

その時、秋絵は何やら怪しい笑みを浮かべて、果歩に気付かれないようにして山井に目で合図を送った。

 

山井はその合図を確認すると、ニヤっと笑い口を開いた。

ムラムラ処理の方法

 

山井 「そういや、彼氏の事は置いておいても、果歩ちゃんは大丈夫なの?」

 

果歩 「え?・・・大丈夫って何がですか?」

 

富田 「ハハッ、そうだよなぁ、果歩ちゃんも女の子とはいえ、年頃だもんなぁ。」

 

富田と山井がニヤニヤと笑みを浮かべているが、果歩はその意図する事が何なのかサッパリわからない。

 

 

山井 「果歩ちゃんもさ、彼氏と遠距離ってことは、いろいろと溜まってんじゃないのぉ?」

 

果歩 「えっ……?」

 

富田 「ずっとしてないんじゃ、溜まってるんだろ?果歩ちゃんも。」

 

果歩 「え?え?・・・な、なに言い出すんですか2人とも・・・。」

 

男ふたりの質問の意味がわかった果歩は、カァっとピンク色だった顔色を赤色に変えて言った。

 

というか、こんな質問は普通、男性が女性に面と向かって言うことではないと思った。

 

秋絵 「フフ、ちょっと2人とも質問がストレートすぎますよ。」

 

困り果てる果歩をフォローするように秋絵が富田と山井に言った。

 

山井 「ハハッごめんごめん!でもさ、実際問題あるだろ?果歩ちゃんだってムラムラする事。」

 

果歩 「・・・そ・・・それは・・・。」

 

正直者で嘘をつけない性格の果歩は、そんな事ありませんとは言えずに言葉に詰まってしまう。

 

富田 「清純で可愛い果歩ちゃんも人間だもんなぁ、果歩ちゃんがそういう時どうやってムラムラを処理してんのか興味あるわぁ!」

 

果歩 「と・・・富田さん・・・・。」

 

あまりに直接的な富田の言葉にもう恥ずかしくてしかたない様子の果歩。

 

いや恥ずかしいと言うより、もうこれはセクハラのようなものだ。

 

しかしここで、今まで男ふたりの下ネタから果歩を守ってくれていた秋絵が信じられない言葉を口にする。

 

 

秋絵 「フフ、果歩ちゃんは……果歩ちゃんはムラムラしたらバイブオナニーで処理してるんだよねぇ?」

 

アイドル強制操作へ >>