クリムゾン.com

肉棒を擦りつけられて

>> 「有名女子大生果歩(凌辱編)」はじめから読む

 

富田 「果歩ちゃんだけ裸ってのもなんだしなぁ・・・。」

 

そう言って富田は上半身に着ていたTシャツを脱ぎ捨てた。

 

果歩の目の前に露わになった富田の裸体。

 

筋肉質で日に焼けた男らしい富田の裸姿は、果歩の身体を熱くさせた。

 

太い腕、厚い胸板、割れた腹筋。

 

そして、ガッチリとした下半身、その中心にある隆々と勃起した男のシンボル。

 

そのすべてが官能的な雰囲気を醸し出している。

 

 

富田 「やっぱセックスは裸でやらないとな。」

 

 

・・・セックス・・・・

 

 

・・・そうだ・・・私・・・今から富田さんと・・・セックスするんだ・・・

 

 

彼氏以外の男性とのセックス。

 

普段の果歩から考えればあまりに異常な行為に思えた。

 

しかし、今の果歩は全身全霊で富田とのセックスを望んでいる。

 

 

冨田 「本当のセックス・・・教えてやるからなぁ果歩ちゃん。」

 

再び自身の肉棒を握り果歩に近づく富田。

 

 

ドキドキドキ・・・・

 

 

果歩の鼓動を速くさせたのは、これから人生で2人目となる男性とセックスするという緊張感。

 

それに、これから富田から与えられる快感、冨田が言った本当のセックス、その快感への果歩の淫らな期待。

 

と同時にあれほど大きな男性器が自分の性器入るのかという不安。

 

いろいろな思いが果歩の身体を興奮させる材料となっていた。

 

 

ピト・・・

 

 

自身の肉棒の先端を、果歩の秘裂あてがう冨田。

 

果歩 「・・・ぁ・・・・」

 

カチコチに勃起した使い込まれた赤銅色のグロテスクな冨田の男根。

 

綺麗なピンク色をした、まだ1人の男性しか知らない果歩の性器。

 

大きな棒と小さな穴。

 

あまりに不釣合いな双方の性器、しかしその両方が今か今かとお互いを欲している。

 

パンパンに腫れ上がった亀頭、その先端から我慢汁をダラダラと流す冨田の男根。

 

汚れを知らないような綺麗さを誇る果歩の蜜壷も、今はだらしなく口をパックリ開け、大量の涎をたらしている。

 

クチャ・・・クチャ・・・

 

性的興奮によって分泌された双方の体液を、まるで混ぜ合わせるかのように肉棒でを擦りつける富田。

 

果歩 「ぁ・・・ハァ・・。」

結合

冨田 「果歩ちゃん・・・俺のチ○ボ、果歩ちゃんのオマ○コに入れてほしいか?」

 

果歩 「・・・。」

 

冨田 「入れてほしかったら・・・ほら、自分の手でオマ○コ拡げてみな。」

 

果歩 「ぇ・・・・?」

 

山井 「こうだよ果歩ちゃん、こうやって・・・・両手で・・・そう・・・。」

 

後ろから果歩をマングリ返しの格好にしている山井の誘導で、果歩は自分の性器に両手を持っていく。

 

すでにこの3人の前で気持ちを解放し、淫らな痴態を晒している果歩。

 

もはや、冨田とのセックスを許可した果歩は何も抵抗する事はない。

 

自身の女性器、果歩はその柔らかな大陰唇を両手て触ると、ゆっくりと左右に拡げていった。

 

半開きだった秘裂が大きく開き、愛液でテカテカと光る小陰唇と、ヒクヒクと動く膣の入り口が姿を現した。

 

冨田 「あ〜果歩ちゃん、入れるよ。」

 

果歩 「ハァ・・・ァ・・・。」

 

濡れた膣の入り口に、ペニスの先端をあてる富田。

 

いよいよ来るその瞬間・・・。

 

果歩は目を瞑り顔を横に背けてその時を待った。

 

山井 「果歩ちゃん顔背けないでよ、ほら、富田さんのが果歩ちゃんのオマ○コに入るところ見ててごらん。」

 

果歩 「ん・・・・。」

 

そう言って山井は、果歩の横を向いた顔を正面に向けさせる。

 

山井 「ほら、目を開けて、この格好ならよく見えるだろう?」

 

ゆっくりと目を開く果歩。

 

果歩の目に映ったのは、自分の薄い陰毛と、冨田の濃い陰毛に覆われた男根。

 

マングリ返しという格好であるから、果歩の目の前で挿入シーンを見ることになる。

 

秋絵 「フフ。」

 

いつの間にか秋絵は冨田の後ろに回り、二人のこれから結合する部分を見つめていた。

 

冨田 「果歩ちゃん、いくぞ、いいか?」

 

果歩 「・・・・ハイ・・・。」

 

果歩の小さな返事と共に、冨田の腰が動いた。

 

 

クチュゥゥ・・・

 

 

果歩 「あっ・・・ハァァア・・・・・」

 

焦らされて

巨大な肉棒の亀頭部分が果歩の性器に呑み込まれていく。

 

小さいと思っていた果歩の穴。

 

しかし十分過ぎるほど濡れていた果歩の蜜壷は、驚きの柔軟性を見せる。

 

果歩 「ハ・・・ァア・・・ハァア・・・」

 

山井 「すっげ〜な・・・。」

 

クチュゥゥ・・・

 

冨田 「あ〜亀頭入っちゃったよぉ果歩ちゃん。」

 

富田の亀頭に目一杯口を大きく拡げられた果歩の秘部。

 

女性によっては、裂けてしまう事もある程の富田の巨根。

 

果歩 「ん・・・ハァ・・・。」

 

亀頭を入れられただけで物凄い圧迫感を感じる果歩。

 

そして冨田は一呼吸置くと、さらに腰を進めていった。
果歩 「ァ・・・ハァァ・・・」

 

クチュゥゥ・・・

 

冨田の巨根をゆっくりと呑み込んでいく果歩の蜜壷。

 

膣が今まで経験した事がない程大きく拡げられていく。

 

冨田 「あ〜入ってく入ってく・・・。」

 

果歩 「ん・・・ハァァ・・。」

 

冨田 「果歩ちゃん、痛くないか?」

 

腰を進めるのを一旦止め、果歩に優しい口調で聞く富田。

 

果歩 「・・・だ・・・大丈夫です・・・ハァ・・・。」

 

冨田 「じゃあ・・・もっと奥までいれるぜ?」

 

果歩 「・・・はい・・・あっ・・・ハァァァ。」

 

グチュゥゥ・・・・

 

半分程度まで入れていた男根、果歩返事を聞くと、富田は残りの部分を果歩の蜜壷に挿入していく。

 

目の前で自分の身体に入っていくグロテスクで大きな肉棒。

 

あんな大きなモノを呑み込んでいってしまうなんて、自分自身でも目を疑う光景だった。

 

果歩 「ハァァ・・・うそ・・・入っちゃう・・・・。」

 

冨田の挿入の動きと同時に、まるで身体の奥から押し出されるように、果歩の口から吐息にも似た声が出る。

 

グチュゥゥ・・・・

 

果歩 「ハァァ・・・」

 

冨田 「あ〜果歩ちゃん・・・。」

 

そして、冨田の腰と果歩の腰がピッタリと密着した。

 

股間に感じる富田の濃い陰毛の感触。

 

性器の中が冨田の肉棒でいっぱいになっている。

 

目一杯拡げられた感覚は、まるで太い杭でも入れらたかの様な感覚だ。

 

秋絵 「すっごいわね果歩ちゃん、富田さんの根元まで入ちゃってる。」

 

あれ程大きな冨田の男根が、果歩の小さな穴に全て呑み込まれてしまった事に秋絵は驚いた様子だ。

 

山井 「お〜果歩ちゃんどう?富田さんのチ○ボ入れられた感想は。」

 

果歩 「ハァ・・・スゴイ・・・です・・。」

 

山井 「すごいってどう凄いのさ?」

 

果歩 「・・・ン・・・大きい・・・です・・・。」

 

冨田 「ハハ、そうかそうか。あ〜果歩ちゃんのオマ○コ温かいわぁ、まだ動いてないのにヒクヒク俺のチ○ボ締め付けるしよ。」

 

果歩 「ハァ・・・ァ・・・。」

 

まだ冨田は性運動の動きを始めていないのに、ピクンピクンと反応を示す果歩。

 

先程、絶頂寸前で止められた愛撫。

 

極限まで焦らされていた果歩の身体は、今すぐにでも快感絶頂を欲していた。

調教

 

冨田 「果歩ちゃん・・・ついに彼氏以外のチ○ボ入れちゃったな?」

 

果歩 「・・・富田さん・・・。」

 

秋絵 「富田さん、意地悪言っちゃだめですよ。」

 

冨田の言葉に一瞬、罪悪感の様な感情が芽生えた果歩だが、今はそれどころではなかった。

 

身体が疼いて疼いて仕方がない。

 

果歩 「ン・・・ハァ・・・ァ・・・」

 

冨田 「ハハッ、ごめんごめん。さて、果歩ちゃん、まずは一発イカせてやろうか?」

 

果歩 「・・・・・。」

 

冨田 「もう身体の方は我慢できないみたいだしよ、な?イキたいんだろ?果歩ちゃん。」

 

果歩は冨田の問いに小さく頷いた。

 

冨田の言うおり、果歩の我慢は限界に達していた。

 

もうこれ以上の焦らされたら狂ってしまうかもしれない、と思う程だった。

 

冨田 「動いてほしいか?果歩ちゃんのオマ○コ、俺のチ○ボでグチュグチュ掻き回してほしいか?」

 

果歩 「・・・・・。」

 

果歩は少し沈黙した後、恥ずかしそうにまた小さく頷いた。

 

冨田 「フン・・・。」

 

果歩のその反応を見て冨田は思わず笑みをこぼした。

 

狙っていた女が堕ちた瞬間だった。

 

果歩は自分とのセックスを心の底から望んでいる。

 

あれほど清純なイメージを放っていた果歩が、性的に発情した姿を自分に晒している。

 

ましてや果歩にはボーイフレンドがいる。

 

他人の男の女を寝取った。

 

そんな優越感にも似た気持ちに、冨田はオスとしての喜びを感じていた。

 

 

へへ・・・果歩のやつ、発情してやがる・・・

 

これからじっくり俺なしじゃ生きていけない身体に調教してやるからな・・・

蟻地獄

冨田 「じゃあ果歩ちゃん、イカせてくださいって言ってくれよ。」

 

果歩 「え・・・?」

 

冨田 「だから、それが言えたらイカせてやるからよ。」

 

果歩 「そんな・・・。」

 

そんな淫らな言葉で自ら口に出して哀願するのは、恥ずかしがり屋の果歩はどうしても躊躇してしまう。

 

冨田 「ほら、言わないとこのままだぜ?」

 

果歩は気付いていない、冨田の果歩に対する調教はすでに始まっていることを。

 

そして、限界まで快感を焦らされた果歩は、自ら最後の理性の箍(たが)を外す。

 

果歩 「・・・・ン・・・ァ・・・あの・・・」

 

冨田 「ん?聞こえないぞ?」

 

果歩 「・・・・イカ・・・せてください・・・。」

 

冨田 「え!?そんな小さな声じゃ聞こえないよ果歩ちゃん。」

 

ここにきてもわざと果歩を焦らすように言う富田。

 

もう限界なのか、果歩は腰がピクピク動いてしまっている。

 

果歩 「・・・ぃ・・・イカせてください!・・・。」

 

冨田 「もう一回言ってごらん。」

 

果歩 「ハァァ富田さんっ・・・イカせてくださいっ!もう我慢できないです!」

 

真っ赤な顔で果歩は大きな声をあげた。

 

とうとう人前で卑猥な言葉を発してしまった果歩。

 

それはまさに発情しきった果歩のメスの姿だった。

 

冨田 「フン・・・じゃあ、お望みどおり・・・。」

 

そして冨田の腰がゆっくり動きだした。

 

グチュ・・・

 

果歩 「ァアア・・・。」

 

始まったセックス。

 

果歩自身わかっていた、これは愛情を確かめ合う甘い性交ではない。

 

ただただ快感だけを求めるセックス、互いの肉欲を埋めるためのセックス。

 

 

蟻地獄のような冨田の罠にハマッた果歩・・・もう後戻りする事はできない。

 

強く気高き女へ >>