【 クリムゾン 】 無料立ち読み・試し読みはこちら

彼氏じゃない人と?

>> 「有名女子大生果歩(凌辱編)」はじめから読む

 

「あ、果歩、どうだった?友哉君元気そうだった?」

 

「う、うん・・・。楽しくやってるみたい。」

 

さっき寝室で見た大量の使用済みコンドームの袋を見つけてしまったためか、知子と秋絵のいる部屋に戻ってきてからも、そのことが頭から離れない。

 

(秋絵先輩が彼氏さんと使ったのかのかなぁ・・・でも・・・あんなにいっぱい・・・)

 

「果歩ちゃん、友哉君とは順調なお付き合いって感じで羨ましいわね。」

 

そう笑顔で言う秋絵の顔を見て果歩は顔を赤くしてしまっていた。

 

あの大量のコンドームから、秋絵が男性と何度も何度も交わっている姿をついつい想像してしまう。

 

「そんな・・・あ、あの・・・秋絵先輩・・・あの・・・秋絵先輩は今付き合ってる彼氏さんとかいるんですか?」

 

何気ない質問だが、果歩は確かめたくなっていたのかもしれない。

 

いったいあの大量のコンドームを誰と使ったのだろう・・・。

 

果歩も今は大学生の歳だ、男女が付き合い始めればいずれ身体の関係を持つ、という事は果歩も承知していた、それに秋絵ほどの美人ならきっとそういう人もいるだろう、と。

 

秋絵は果歩にそう聞かれて、飲んでいたお酒の入ったグラスをテーブルに静かに置いて口を開いた。

 

「今はいないのよ・・・というか、しばらく誰とも付き合っていないの。だからラブラブな果歩ちゃんと友哉君が羨ましいわ。」

 

「え・・・そうなんですか・・・?」

 

意外な秋絵のその答えを聞いて果歩の頭の中は動揺し、当然疑問も浮かびあがっていた。

 

(え・・・じゃああれは・・・?秋絵先輩のじゃなかったのかなぁ・・・でもでも・・・ここは秋絵先輩の部屋だし・・・)

 

「え〜秋絵先輩に彼氏がずっといないんて意外ですねぇ」

 

知子は少し驚いたように言った、秋絵は大学でも有名な美人なだけに、秋絵を知っている人なら驚くのは当然なのかもしれない。

 

「フフ・・・そんなに意外かしら、彼氏がいなくてもそれなりに楽しくやってるわよ。」

 

(じゃあ・・・秋絵先輩、もしかして彼氏でもない人と・・・ううん、でも・・・あ・・・私何考えてるんだろ・・・秋絵先輩のそんなとこまで詮索するのはよくないよ・・・ダメダメ・・・もうやめよ・・・)

 

果歩は一人で首を横に振り、もうあれは見なかったことにしようと心に決めた。

エッチの相性

 

「ところでさ・・・果歩ちゃん?」

 

「・・・え?あ、ハイ?なんですか?」

 

「フフ・・・何か考え事してた?」

 

「え?い、いえ・・・別に・・・」

 

秋絵の声に気づき、ついつい顔を赤くして慌ててしまう果歩。

 

もうあの事は考えちゃだめ・・・

 

「ところで、果歩ちゃんは友哉君との付き合いは順調みたいだけど・・・フフ・・・あっちの方はどうなのかな?あっちの相性もいいのかしら?」

 

「あっち・・・ですか・・・?あっちって・・・?」

 

よく秋絵の言ってる意味がわからないのか、果歩は首をかしげている。

 

「あ〜それ私も聞きたかったんだぁ!で、果歩、どうなの?フフ・・・」

 

「え・・・?あっちって?なに知子ちゃん?」

 

「え〜果歩とぼけすぎよぉ!あれよあれ、ほらぁ・・・愛しあう男女がする事があるでしょう?もう・・・」

 

「え・・・あっ・・・」

 

知子のその言葉を聞いて、やっとその意味がわかった果歩はなんと言っていいのかわからなくなり、恥かしそうに下を向いてしまった。

 

「ていうか、果歩と友哉君がエッチしてるところってなんか想像できないなぁ、友哉君まじめだし。」

 

「も、もう・・・知子ちゃん想像しなくていいよぉ・・・」

 

「フフ・・・でも果歩ちゃんと友哉君も1年以上付き合ってるんだし。当然エッチはもうしたんでしょう?」

 

「秋絵先輩・・・・・・・・・はい・・・あの・・・エッチは・・・」

 

顔を真っ赤にして恥かしそうにそう答えた果歩。

 

普段そんな会話はあまりしない果歩だが、今日はお酒の力もあったのかもしれない、そこは素直に答えた。

 

「え〜!やっぱり果歩もエッチするんだぁ、アハハッ、ねぇねぇ友哉君と果歩ってどんなエッチするのぉ?」

 

「もぉ〜なんで・・・知子ちゃんすっごい酔っ払ってるでしょ?」

 

「だってぇ、果歩がどんなエッチするのか気になるんだも〜ん。」

 

「もう・・・やだぁ知子ちゃんお酒飲むとぉ・・・」

 

果歩は恥ずかしがりながら知子からの質問に困った様子だった。

 

「フフ・・・でもね果歩ちゃん、エッチの相性って男女間にとってはすごく重要なのよ。」

 

「そ・・・そうなんですか・・・?」

 

秋絵は果歩にやさしく教えるような感じでそう言った。

 

果歩もこういった話に興味がないわけではなかった。

 

いや、むしろ知識が少ない分、本心では興味津々だったのかもしれない・・・。

イッたことがなくて

「でも・・・エッチの相性って言われても・・・よくわからないです・・・」

 

「じゃあ友哉君とエッチしてて気持ちいいとか感じたことはないのかしら?」

 

秋絵からのストレートな質問に頬をピンクに染めながら考える果歩。

 

「ん〜・・・・気持ちいいとかは・・・よくわからないんですけど・・・幸せだなぁとかは思ったりしますけど・・・。」

 

実際、友哉のセックスは淡白なものだった。

 

愛撫も挿入時間も短く、いつも決まって体位は正上位での行為だった。

 

しかし果歩にとって友哉が初めての男であり、果歩はそれが普通だと思い、友哉と過ごす時間にとても幸せを感じていたため、なにも不満に感じることはなかった。

 

「フフ・・・そうなの、じゃあ果歩ちゃん達は週に何回くらいエッチはするのかしら?」

 

「え、え〜とぉ・・・2週間に1回・・・くらいかな・・・。」

 

「あらぁ・・・そうなの・・・」

 

秋絵は果歩が恥かしそうに言った答えを聞いて、少し苦笑いのような表情をした。

 

「え・・・普通そのくらいじゃないんですか・・・?」

 

果歩は少し不安そうな表情だ。

 

それは経験も知識も少ないため仕方ないのかもしれない、どういった男女の性生活が普通なのかまったくわからないのだから。

 

「果歩ぉ、それってすごい少なくない?あ〜ぁ、てゆうか友哉君エッチ下手だったんだぁ。」

 

知子はかなり酔っているのか、なりふり構わず思ったことを言っていた。

 

「もぉ・・・あんまり言わないでよぉ知子ちゃん・・・」

 

果歩は恥かしいやら、なんだか友哉をバカにされているような気がして、今にも泣き出しそうな表情だ。

 

「フフ・・・知子ちゃん、あんまり果歩ちゃんをいじめちゃダメよ。」

 

「エヘヘ、は〜い。でもそっかぁ、友哉君まじめだもんねぇ・・・フフ」

 

 

「でも・・・それじゃ果歩ちゃんはイッた事とかもないんだ?」

 

秋絵の質問は大胆だったが、実に自然に聞いてくるため、変な意味でのいやらしさは果歩は感じなかった。

 

「イッた事・・・ですか・・・あの・・・よくわからないです・・・。みんな普通そうなったりするんですか?」

敏感なんだね

女性が性交渉のときに、エクスタシーに達することもあるということは、果歩も知識では知っていた。

 

しかし、実際に友哉とのセックスで自分がそれに達しているのかどうかはよくわからなかった。

 

「ううん、そうなる子もいれば、そうならない子もいるんだけどね。フフ・・・でもね、イクと気持ちいいわよ。」

 

「そ、そうなんですか・・・。」

 

秋絵のかなり大胆ともいえるその発言に果歩は顔を真っ赤にし、同時にさっき寝室で見つけた大量のコンドームのことも思い出してしまった。

 

(やっぱり秋絵先輩そういう経験あるんだぁ・・・じゃあさっきのもやっぱり・・・)

 

ふと、果歩は自分の胸の辺りに気配を感じることに気づいた。

 

「え?・・・あ、キャッ!!ヤダ!アンっ・・・ァ・・・やめてよ知子ちゃん!もう酔っ払ってるぅ!」

 

静かに果歩の背後に周っていた知子が急に両手で果歩の胸の膨らみを服の上から鷲づかみにしたのだ。

 

「わぁ、果歩のオッパイ柔らか〜い!フフ・・・てゆうか果歩意外に胸あるね、もっとぺチャパイだと思ってたぁ。」

 

知子はそう言って大胆に果歩の胸を揉むことをやめようとしない。

 

果歩は顔をこれまで以上に顔を赤くして知子に抵抗する。

 

「ちょ・・・ちょっとぉ・・・アンッ・・・ぁ・・・知子ちゃん・・・ぁ・・・やめてよ・・・えっちぃ・・・」

 

「あれぇ、果歩って敏感なんだねぇ、これでイッたことないなんて・・・フフ・・・」

 

知子は冗談ぶった感じで言って、果歩の胸を揉む手をまだ休めようとはしない。

 

「フフ、ホント2人は仲がいいのねぇ・・・フフ・・・。」

 

秋絵はそんな二人を見て楽しそうに笑っていた。

 

「秋絵先輩ぃ・・・ぁ・・・知子ちゃんを止めてください・・・ぁ・・・もう知子ちゃん酔っ払いすぎぃ〜!」

 

こうして少しエッチな果歩の誕生日会の時間は過ぎていった・・・。

大人のオモチャ?

 

「フゥ・・・サッパリしたぁ・・・」

 

お風呂場から出た果歩は湿った髪の毛にタオルを当てながらベッドに座った。

 

「・・・・はぁ・・・・・・・・」

 

あれから秋絵宅での誕生日会は、女の子だけの集まりとは思えないほど、話は下のネタばかりであった。

 

特に、かなり酔っ払っていた知子からはエッチな質問攻めをされて、果歩もアルコールがまわっていて大胆になっていたのか、恥ずかしがりながらも正直に答えてしまった。

 

「・・・もぅ・・・知子ちゃんエッチな事ばっか・・・」

 

そんな事をを呟きながら、ふと果歩は机の上に置いておいた紙袋に目をやった。

 

(あ、そうだ・・・)

 

紙袋を手にして中を覗きこむ果歩、今日の誕生日会の終わり際、秋絵が誕生日プレゼントとして渡してくれたのだ。

 

 

『わぁいいんですか?ありがとうございます。』

 

『フフ・・・中身は帰ってから見てみて。遠距離恋愛中で寂しい思いしてる果歩ちゃんにはぴったりの物よ。』

 

『そうなんですかぁ、わぁ〜なんだろう・・・楽しみだなぁ』

 

『フフ・・・きっと気に入るわ果歩ちゃん・・・』

 

 

 

果歩は紙袋から綺麗にかわいくラッピングされた箱を取り出す。

 

なんだろうなぁ・・・フフ・・・

 

果歩はまるでクリスマスプレゼントをあける子供のような無邪気な笑顔でワクワクしながら包装紙を破かないように丁寧に剥がしていく。

 

「・・・え・・・なんだろ・・・?」

 

出てきたのは真っ白でなにも書いていないDVDケース。
そしてもうひとつ、透明の箱に入っていたのは、何やら紫色をした棒状の物。

 

それを見て、口に手をあてて驚いた様子の果歩。

 

それが何なのか・・・果歩には大体予想がついた。

 

こういった事に疎い果歩でも、この棒の形が何を模っているのかはわかった。

すごいいやらしい下着

 

これって・・・・・やだ・・・秋絵先輩・・・どういうつもりで・・・

 

 

そう思いながらも、箱から紫色をしたそれを取り出し、手に取る果歩。

 

「・・・やだ・・・いやらしい・・・」

 

それは明らかに男性の性器を模った物、下の方にはなにやらスイッチのようなものと、電池を入れるスペースがあった。

 

それは実にリアルに造られていた。

 

全体に反り返っている棒、陰茎はボコボコと血管が浮き出ているところまで再現されている。

 

先端の亀頭部分は陰茎部分よりも太く、カリのエラが張り出していた。

 

しばらくその男根を模ったおもちゃをボーっと眺める果歩、心臓がドキドキしているのが自分でわかる。

 

そしてもうひとつ・・・果歩はDVDケースに目を移した。

 

エッチなプレゼント・・・秋絵先輩ってやっぱりエッチなのかなぁ・・・はぁ・・・なんだろう・・・

 

パソコンの電源を入れる果歩。
好奇心にも似た感情が果歩の身体を動かしていた。

 

パソコンが起ちあがる間に、DVDケースを開ける。

 

中にはケース同様、何も書いていない白いDVDが入っていた。

 

何も書いていなくても男根の形をしたおもちゃといっしょに入っていたのだ、それがとてもエッチでイヤらしいDVDであることを果歩は予想していた。

 

・・・いや、果歩は心のどこかでそれを期待していたのかもしれない・・・。

 

パソコンにDVDを挿入する。
ブ〜ンというディスクを読み取る音が部屋に響く・・・。

 

・・・・・・ゴク・・・・・・

 

自分でも意識してないうちに生唾を飲み込んでしまう果歩。

 

パっとピンク色の画面がディスプレイに映る。そこに大きな文字で出てきたのは

 

《バイブレーターを使ったオナニーの仕方講座》

 

バイブレーター・・・オナニー・・・

 

心臓の鼓動が速くなる・・・ドキドキドキドキ・・・・

 

少ししてから切り替わった画面には【本編再生】の文字。

 

果歩はマウスをそこに合わせクリックした。

 

切り替わった画面に出てきたのは下着姿の美しい女性だった。

 

歳は果歩と同じくらいか、少し上に見えた。

 

しかもこの女性が身に着けている下着、隠す部分が小さく、なんだか少し、中の乳首やヘアが透けて見えているようだった。

 

・・・すごいイヤらしい下着・・・・

 

クリムゾンソフトへ >>