【 クリムゾン 】 無料立ち読み・試し読みはこちら

粘液があふれ出てきて

>> 「有名女子大生果歩(凌辱編)」はじめから読む

 

目を瞑りもう一度ゆっくりとシャワーを股間に向けてみる。

 

「ハゥ・・・アァ・・・ァ・・・・」

 

・・・はァ・・・ダメ・・・気持ちいい・・・

 

泡はもうとっくに流れているにも関わらず、股間にシャワーを当て続ける果歩。

 

快感で脚が痺れてくる。

 

片方の手を壁につく。どこかで身体を支えていないと快感で立っていられないような気がした。

 

脚を少し広げ、さらにシャワーを自分の秘部に当てやすい格好になる。

 

「ン・・・ハァ・・・ァ・・・・ァ・・・」

 

軽く汗を流すつもりがいつの間にかオナニーを始めてしまった果歩。

 

シャワーのレバーに手をもっていき、さらにその勢いを強くする。

 

ジャーーーー!

 

「ンハァ!ァァ・・・・アア・・・ァ・・・」

 

お風呂場にシャワーの音と果歩の控えめな喘ぎ声が響き渡る。

 

シャワーのお湯が陰核に当たるたびに果歩の身体はビクンっと反応する。

 

・・・ハァ・・・ハァ・・・シャワーでこんなになっちゃうなんて・・・

 

 

ふと顔をあげる果歩。お風呂場にかかっていた時計が目に入った。

 

――いけない・・・もうこんな時間。こんなことしてたら遅刻しちゃう!――

 

果歩はキュっとレバーを下げシャワーを止めた。

 

ハァ・・・ハァ・・・

 

股間からはシャワーのお湯とは別のトロ〜っとした粘液が糸をひきながら滴り落ちていた。

 

「・・・ハァ・・・・行かないと・・・大学・・・」

 

お風呂場を出てバスタオルで身体を拭いていく。

 

しかし一箇所だけ、股の濡れた部分だけ何度拭いても粘液が溢れてきてしまう。

 

・・・ァ・・・もう・・・やだよぉ・・・

気持ちを新たに

 

少し時間は掛かったがなんとか心と身体を落ち着かせた果歩は、新たにクローゼットから持ってきた服に着替えた。

 

鏡の前で髪型や身なりを整える果歩。

 

ふと時計を見ると、もうアパートをでないといけない時間をとっくに過ぎていた。

 

「やだ!ほんとに遅刻しちゃう!」

 

授業に必要な用具とトミタスポーツのアルバイトで着る着替えが入ったカバンをもって慌てた様子で果歩はアパートをでた。

 

 

大学の講義室になんとか時間ギリギリで着いた果歩は、座った生徒の中に知子の姿を見つけると、その隣の席に座った。

 

「知子ちゃんおはよ〜」

 

「おそよ〜果歩。てゆうかもう午後の授業だし。果歩午前中の講義休んだでしょ〜?」

 

「フフ、いいの、たまにはね。昨日秋絵先輩の部屋にお泊りしちゃったんだぁ」

 

「えぇ!?あんたまた秋絵先輩のマンションに泊まったのぉ?」

 

「うん、バイト帰りにたまたま会っちゃって。フフ、秋絵先輩の料理もお酒もおいしかったなぁ。」

 

「え〜うそぉ!なんで私を呼んでくれなかったのよぉ!?」

 

悪戯っぽい笑顔で自慢する果歩に対し、お酒と料理と聞いて思わず大きな声をあげた知子。

 

「そこ!もう講義始めるから静かにしなさい!」

 

「は〜い」
「は〜い」

 

「もう、次そういう事あったら絶対呼んでよね。」

 

「わかった、わかったよぉ。」

 

今日は大学が終ればトミタスポーツでアルバイトだ。

 

昨日は特別、あんまりダラダラしてちゃダメだよね。友哉もオーストラリアで頑張ってるんだし。

 

そう自分の気持ちを引き締めて授業に集中していく果歩であった。

プールの監視員に

「じゃあ果歩、バイト頑張ってね。」

 

「うん、じゃねぇ知子ちゃん。」

 

大学を終えた果歩は知子と別れて、アルバイト先のトミタスポーツへ向かった。

 

トミタスポーツの仕事にも慣れてきた今日この頃。

 

いや、慣れるというか、トミタスポーツでの仕事は今のところ受付だけで、高い時給のわりに楽な仕事。

 

高い時給はもちろん嬉しかった果歩だが、遣り甲斐(やりがい)という面では若干物足りなさを感じていた。

 

 

トミタスポーツの建物に着いた果歩はスタッフ用の入り口から中へ入る。

 

「おはようございま〜す」

 

次々と顔を合わせる男性スタッフにあいさつをしていく果歩。

 

ここのアルバイトを始める時は女性スタッフが少ないとは聞いていたが、仕事を始めてみると、マッサージ室に1人と、事務に1人、そしてアルバイトの果歩、女性はこの3人だけだった。

 

それに他の2人は毎日いるわけではなく、週一くらいしか出勤しなかったため、実質ここのスタッフで女性は果歩だけのようなものだった。

 

 

ここでの仕事服、トミタスポーツのロゴがはいっているTシャツとハーフパンツに着替えるため果歩は更衣室へ向かった。

 

「お〜い、果歩ちゃん!ちょっと待って!」

 

「え?」

 

遠くから駆け寄ってくる誰かに名前を呼ばれた果歩、後ろに振り返った。

 

「え、キャッ!!と、富田さん・・・」

 

駆け寄って来きたのは、ここのオーナーでもある富田だった。

 

果歩が悲鳴に似た声をあげたのは、富田の格好を見たからである。

 

プールで水泳のインストラクターをしていた富田は水着姿であった。

 

しかもその水着は男性用のビキニの水着のようだったが、普通のビキニタイプではなくて、いわゆるブーメランタイプと呼ばれる水着で、中学、高校時代に水泳の授業で男子が着ていた物よりもかなり際どい水着だ。

 

富田のその姿を一瞬見た果歩は目をそらして顔を赤くした。

 

「と、富田さん・・・あの・・・な、なんでしょうか?」

 

「ハハッ、おいおい果歩ちゃん何恥ずかしがってんの?ここじゃこんな格好普通だぜ?」

 

「は、はい、すみません……あの、それで?」

 

いぜん目線を富田の身体から逸らしたままの果歩。

 

「あぁ、果歩ちゃんさ、今日から受付の仕事じゃなくてプールの監視員の仕事してほしいんだけどね。」

水着姿

「監視員、ですか?」

 

「そうそう、まぁ大して難しい仕事じゃないんだけどね。決められたルール守ってない人とかを笛を吹いて注意したり、誰か溺れたりしてないかチェックする係なんだけどさ。」

 

「そうなんですか……はい、わかりました。」

 

「そろそろ受付の仕事にも飽きてきてただろ?」

 

「エヘヘ、はい、ちょっと。」

 

果歩は悪戯っぽく笑顔をつくって言った。

 

確かに受付の仕事は飽きてきたと思っていた果歩、新しい仕事を与えてもらえたのは正直嬉しかった。

 

「よし、じゃあこれに着替えて。」

 

そう言って富田は手に持っていたビニール製の袋を果歩に渡した。

 

 

「あの……これは?」

 

「水着だよ。」

 

「えっ、水着になるんですか!?」

 

「そうだよ?プールでの仕事だから、もしかして水の中に入ってもらう事もあるかもしれないしね。」

 

「はぁ、そうですかぁ……でも……」

 

「さぁさぁ!着替えて着替えて。」

 

「……はい、分かりましたぁ……。」

 

笑顔で急かすようにそう言ってくる富田。

 

果歩は考える余地もなく水着の袋を持って更衣室に入っていった。

 

まさか今日自分が水着姿になるなんて予想もしていなかった。

 

・・・どうしよう・・・水着なんて・・・

 

・・・でもなんだか断りづらいし・・・はぁ・・・

 

ため息をしながら袋の中を見つめる果歩。

 

「果歩ちゃ〜ん!着替えたら仕事の説明するから早くしてねぇ!」

 

ドアの向こうから富田の声が聞こえる。

 

「は、は〜い!」

 

・・・んもう・・・しょうがないかぁ・・・

 

果歩は意を決して自分の着ている服に手を掛けた。

競泳用の水着姿で

更衣室の前ではブーメランタイプの水着姿で富田がニヤニヤと不適な笑みを浮かべていた。

 

(果歩の水着姿かぁ・・・へへッ・・・どんな身体してんのか楽しみだぜ・・・それにしても・・・ありゃ押しに弱いタイプだなぁ・・・もうちょっと強引にいっても良さそうだな・・・)

 

 

ヤダ・・・ちょっと・・・この水着・・・私には小さいよぉ・・・

 

身に着けていた衣服をすべて脱いだ果歩はさっそく渡された水着を着てみた。

 

果歩は今まで夏にプールや海に行くような習慣はなかったので、水着になるのは高校時代の水泳の授業以来だ。

 

その当時着たのはスクール水着で、海やプールにも行かない果歩はスクール水着以外の水着はほとんど着た事がなかった。

 

そして今、富田に渡された水着、それは競泳用の水着だった。

 

こうした水着は水泳で鍛えている女性が着れば、イヤらしさなどほとんどないのかもしれないが、果歩のようなまったく水泳に縁がないような女の子が着ると妙にイヤらしく見えてしまう。

 

それにこの水着、果歩には少し小さいようだった。

 

身体が全体的にきつい感じがしたし、恥ずかしかったのは股の部分がハイレグタイプだった事だ。

 

結構角度が深い・・・果歩のアソコの毛は薄くて範囲も小さかったため、毛がはみ出してしまうようなことはなかったが、少しズレたら・・・と思うと少し怖い。

 

それにサイズが小さいためか、お尻の割れ目の部分に水着が少し食い込んでしまう。

 

更衣室にあった鏡で自分の水着姿を確認する果歩。

 

・・・あ〜・・・ダメ・・・ダメだよ・・・こんなの人に見せられないよ・・・

 

真っ白な身体に食い込む黒い水着、そんな自分の水着姿に果歩は顔を赤くする。

 

他のに・・・他の水着に変えてもらおう・・・こんなのダメだもん・・・

 

クリムゾンバタフライへ >>