【 クリムゾン 】 まとめて無料試し読み

おやすみ

>> 「有名女子大生果歩(凌辱編)」はじめから読む

 

自分が寝ていたすぐ隣になぜ富田がいるのか一瞬分からなかった果歩。

 

冨田 「おはよう、って言ってももう昼過ぎだけどな。」

 

果歩 「・・・富田さん・・・どうして・・・え?・・・キャッ!」

 

自分が裸である事に気付いた果歩は、慌てて布団で身体を隠した。

 

そしてよく見ると横にいる富田も全裸である事に気付き、目を伏せる果歩。

 

富田 「ハハッ、おいおい、昨日の夜の事覚えてないのか?」

 

果歩 「・・・昨日の夜・・・」

 

富田の言葉で、果歩の頭に昨日の記憶が蘇る(よみがえる)。

 

 

・・・ハァアアっ!!もうダメっ!アッ・・・イクッイクッ・・・イッちゃう!ハァンッ!!!・・・・

 

 

経験した事のない快感と快楽に喘えぐ自分。

 

果歩 「・・・わたし・・・・。」

 

昨夜の自分の姿を思い出し、真っ赤になる果歩の顔。

 

富田 「思い出したか?いやぁ昨日の果歩ちゃん、すっごいエロかったよ。」

 

果歩 「・・・イヤ・・・・富田さん・・・。」

 

恥ずかしそうに布団で顔を隠す果歩。

 

富田 「イヤって言っても果歩ちゃん、最後の方は自分で腰振ってたんだぜ?」

 

果歩 「・・・ヤダ・・・・・・私・・・もう最後の方は・・・あんまり覚えていなくて・・・。」

 

冨田 「ハハッ、まぁそれは仕方ないか。果歩ちゃんイキまくってたからなぁ・・・あんなセックス初めてだったろ?」

 

果歩 「・・・・・・・ハイ・・・。」

 

布団から顔を半分だけ出して、恥ずかしそうに答える果歩。

 

果歩 「ぁ・・・あの・・・秋絵先輩と山井さんは・・・・?」

 

冨田 「あ〜あいつらなら明け方帰ったよ。」

 

果歩 「そう・・・なんですか・・・。」

 

昨日の果歩の恥ずかしい姿は、秋絵と山井の2人にも見られたのだと思うと、余計に果歩の羞恥心は増した。

 

冨田 「そういえば秋絵ちゃんが俺達に飯作ってってくれたからさ、後で一緒に食べようぜ。」

 

果歩 「秋絵先輩が?わぁ〜。」

 

秋絵の手料理と聞いて果歩は素直に喜んでみせた。

 

 

冨田 「でもその前に・・・。」

 

果歩 「・・・ぇ?・・・あっ!・・・富田さん・・・?・・・ァ・・・」

 

ピクっと身体を反応させ確認するように富田の顔を見つめる果歩。

 

布団の中から伸びてきた富田の手が果歩の秘部を触ったのだ。

 

そして、冨田はもう片方の手で布団を捲り上げ、裸の果歩を抱き寄せた。

 

冨田 「昼間にするSEXもいいもんなんだぜ?」

 

果歩 「ハァァ・・・富田さん・・・。」

 

果歩は富田の胸の中で目を瞑り、冨田の名前を呼んだ。

 

冨田はその果歩の仕草をOKサインと受け止め、果歩の身体を弄り始めた。

 

果歩 「ン・・・ァ・・・・ァ・・・・。」

 

乾いていた秘部は富田の巧みな愛撫ですぐに潤いを取り戻す。

 

再び身体を重ねるふたり。

 

昼間の明るい部屋に湿った音と果歩の喘ぎ声が響いていた・・・。

 

 

 

 

冨田 「え〜と・・・ここか?」

 

果歩 「ぁ・・・はい、ありがとうございました富田さん。家まで送って頂いて・・・。」

 

冨田 「いいんだよ、こんな遅くに女の子を1人で帰らせるわけにはいかないしな。」

 

果歩 「ありがとうございます。富田さんも・・・安全運転で帰ってくださいね。」

 

冨田 「はいよぉ。じゃあまた火曜日、ジムでな。」

 

果歩 「はい・・・あの・・・富田さん・・・」

 

冨田 「ん?」

 

果歩 「ぁ・・・いえ・・・おやすみなさい・・・。」

 

冨田 「・・・おやすみ。」

 

 

バタンッ・・・・ブーーーーン・・・・・

 

 

走り去っていく黒い四駆の高級車を、果歩は手を振って見送った。

浮気と罪悪感

ガチャ・・・

 

果歩 「ふぅ・・・なんか久しぶりに帰ってきた感じがする・・・。」

 

自分のアパートの部屋に入り電気を点けた果歩は、ベッドに寝転がり、お気に入りのプーさんの縫いぐるみを抱いて天井を見つめた。

 

時計はもう23時を回っている。

 

今日は結局、昼から夜までずっと富田と交わっていた。

 

その甘く蕩けるような時間を思い出すだけで果歩の身体は熱くなる。

 

何も考えず、ただ快感の流れと富田のリードに身をまかせた。

 

何度も快感の絶頂に導かれ、何度も富田の熱い精液を身体や顔に浴びた。

 

 

果歩は昨日と今日で、冨田に性行為の概念を覆された気分だった。

 

今まで果歩が知っていたSEXとはまるで違う。

 

キスから何まで、彼氏とは全てが段違いの快感を果歩に与えた。

 

そして冨田の男らしい身体と、逞しいペニス。

 

彼氏のソレとはまったく違う・・・富田の性器はまさに『男根』だった。

 

硬くて太い、大きな冨田の男根と、冨田の巧みな性技に、果歩は今まで知らなかった快楽の世界へ連れて行かれた。

 

あの一見グロテスクな赤黒い肉棒の姿を思い出すだけで、果歩の股間は疼く。

 

 

果歩 「・・・・・・はぁ・・・・。」

 

果歩は信じられなかった。

 

自分が人前であんな乱れた姿を晒してしまうなんて。

 

しかも、性交をした相手は彼氏でもない男性だ。

 

 

・・・浮気・・・

 

 

彼氏との関係に亀裂が走っている今でも、これはきっと浮気なんだと、果歩は思った。

 

お酒には酔っていた、しかし自分ははっきりと冨田を求めていた。

 

彼氏に裏切られたショックと寂しさを一瞬でも忘れたかった。

 

 

でも・・・

 

 

心を落ち着かせた今になって、果歩の心に罪悪感という気持ちが芽生える。

 

自分がこんな事をしてしまうなんて思わなかった。

 

自分が浮気なんて・・・

 

 

・・・友哉・・・

 

 

ベッドから立ち上がり、パソコンを立ち上げる果歩。

 

ピッ・・・ブーーン・・・・

 

カチ・・・カチ・・・・

 

しかし、メールの受信箱にまだ友哉からのメールは入っていなかった・・・。

新しい彼女と

知子 「そっかぁ・・・まだ友哉君から連絡ないんだぁ。」

 

果歩 「・・・うん・・・。」

 

大学の食堂、いつものように果歩と知子の2人は窓際の席で昼食を摂っていた。

 

 

知子 「まったく、友哉君も何やってんだか・・・モグモグ・・・」

 

難しい表情で豚カツを食べながら話す知子。

 

テンポよく口に食べ物を運ぶ知子、それとは対照的に果歩はまったく食事に手をつけていなかった。

 

果歩 「・・・・でもね知子ちゃん、私もういいかなぁって・・・。」

 

果歩は俯き加減で、小さな声でそう言った。

 

知子 「え?もういいって・・・?」

 

果歩の言葉に、思わず動かしていた箸を止める知子。

 

果歩 「もう友哉の事、考えるの止めようと思って・・・。きっと友哉、向こうで新しい彼女と楽しく過ごしてるんだよ・・・。」

 

知子 「え〜ちょっとぉ!でもまだ友哉君が浮気したとは決まってないんでしょ!?」

 

果歩 「と・・・知子ちゃん声大きいよぉ・・・。」

 

思わず大声を出した知子に、果歩は困ったように言った。

 

慌てて周りを見渡し、ばつが悪そうに頭を低くして謝る知子。

 

知子 「あ・・・ごめん・・・でも、だってあの友哉君が浮気するなんて考えられないじゃない?」

 

果歩 「ん〜でも・・・もうなんか辛いし・・・。」

 

知子 「あ〜も〜それ果歩の悪い癖だね、マイナス思考で全部考えちゃってるでしょ?」

 

果歩 「知子ちゃん・・・。」

 

知子は果歩の親友だけあって、果歩の性格をよく知っていた。

 

いつもは真面目で明るい果歩。

 

しかし、ひとたび落ち込むと、マイナス思考で自分を追い込んでしまう、そして果歩は割かし寂しがり屋さんだという事も知子はよく知っていた。

 

だから遠距離恋愛になると果歩に聞いた時には、知子は少し心配していたのだ。

 

 

知子 「だからさ、もうちょっと気長に友哉君からの連絡待ってみたら?大丈夫よ、友哉君は果歩にぞっこんだもの。」

 

笑顔をつくって果歩を励ます知子。

 

果歩 「そう・・・なのかな・・・。」

 

知子 「大丈夫!ね?だからご飯食べよ?食べないと体調まで崩しちゃうぞ?」

 

果歩 「・・・うん・・・。」

あの世界に行けば・・・

知子の言葉でやっと食事に手をつけ始めた果歩。しかしその表情は依然暗いものだった。

 

いつもなら知子の持ち前の元気な励ましを受ければ、元気を取り戻していたかもしれない。

 

しかし、今回は状況が違う。

 

果歩は言えなかった。

 

一晩とはいえ、友哉以外の男性と関係を持ってしまった事を。

 

 

そんな事、知子ちゃんには絶対言えない・・・

 

 

寂しさと辛さに流される自分を止める事ができなかった。

 

そんな自分の弱さと、友哉や真剣に相談にのってくれる知子への罪悪感が果歩を苦しめていた。

 

 

 

夜、雑貨屋さんのアルバイトを終え、アパートの部屋に帰宅した果歩はシャワーで汗を流した後、パソコンのスイッチを入れた。

 

いつもなら、帰ったらすぐチェックしていたメール。

 

毎日友哉からのメールを読むのが楽しかったあの日々・・・

 

しかし、今は結果が怖くてすぐには見る気分にならなかった。

 

 

・・・また何も届いてなかったらどうしよう・・・

 

 

カチ・・・カチ・・・

 

心細そうな表情でメールボックスをチェックする果歩。

 

果歩 「・・・・・・・」

 

じっとパソコンの画面を見つめる果歩。

 

そしてしばらく画面を眺めていた果歩は無言でパソコンを閉じた。

 

 

果歩 「・・・ハァ・・・・」

 

 

ベッドに倒れこみ枕に顔を埋めた果歩。

 

友哉からのメールは届いていなかった。

 

果歩 「・・・友哉・・・・・。」

 

寂しさと胸を締め付けられるような苦しさが果歩を襲う。

 

 

・・・もうヤダ・・・こんなのもう・・・忘れたいよ・・・

 

 

 

『嫌な事は全部忘れるくらい気持ちよくしてやるよ・・・』

 

『ァ・・・ハァァ・・・気持ちいいです・・・』

 

 

ふと昨日の冨田と過ごした時間を思い出す果歩。

 

あの時間、富田と繋がっている間はこの苦しみを全て忘れることができた。

 

甘く蕩けるような快楽の世界で、ただただ本能のままに、快感を感じるだけの世界。

 

その世界が今はとても愛おしく感じる。

 

またあの世界に行けば、この苦しみから逃れられるのだろうか・・・。

 

 

そんな事を思っていると、果歩の手は自然と自身の下半身へ伸びていった。

メスになった私の姿

次の日、大学を終えた果歩はアルバイト先のトミタスポーツへ向かっていた。

 

その途中、電車の座席に座りながら、頭の中で昨日の夜の事を思い出す果歩。

 

果歩 「はぁ・・・・。」

 

ため息を付きながら果歩は、自分の閉じている股の中心を服の上から見つめている。

 

果歩のため息の理由は、あるフラストレーションを感じていたからだった。

 

 

 

昨夜果歩は、自宅アパートの部屋のベッドでマスターベーションに没頭した。

 

彼氏である友哉との関係に心配や不安が積もり、疲れてしまった心を癒すためのオナニーだった。

 

最初パンティの上から自分の秘部を触るだけだった自慰行為は、次第にエスカレートし、パンティを脱ぎ、次に上半身の服も脱ぎ、全裸で行う本格的なオナニーに発展していった。

 

ピチャピチャと水っぽい音を部屋に響かせて、果歩は自らの敏感な性感帯を刺激する。

 

2つの手で股間と乳房を全裸で弄る果歩の姿はとても卑猥だった。

 

果歩 「ン・・・ァ・・・・ハァ・・・」

 

一旦股間から手を離し、指にネットリと絡みついた自分の愛液を確認する果歩。

 

そして少し考えた後、果歩は裸のままベッドから立ち上がった。

 

すると部屋に置いてあった鏡に映った自分の裸姿が目に入った。

 

そこには顔をピンク色に上気させ、発情した自分のメスになった姿が映っていた。

 

明かりのついた部屋で、白い肌を晒す自分。

 

誰も見ていないのはわかっているが、思わず胸と股間を手で隠す果歩。

 

果歩 (ハァ・・・私・・・イヤらしい・・・)

 

クリムゾンオマージュ2 >>